野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・辻監督悩ます“ポスト秋山”問題 本命金子は9番降格も「野球は打つだけではない」

昨オフMLBレッズへ移籍した秋山の定位置、西武の「1番」を務めるのは誰になるのか。13日にメットライフドームで行われたロッテとの練習試合では、打撃好調の新外国人コーリー・スパンジェンバーグ外野手が初抜擢。4打数2安打と躍動した。

西武・金子侑司(左)とコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】
西武・金子侑司(左)とコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】

スパンジェンバーグは適性あり、一方で候補筆頭の金子は打撃に課題

 昨オフMLBレッズへ移籍した秋山の定位置、西武の「1番」を務めるのは誰になるのか。13日にメットライフドームで行われたロッテとの練習試合では、打撃好調の新外国人コーリー・スパンジェンバーグ外野手が初抜擢。4打数2安打と躍動した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 辻監督は春季キャンプから、1番打者の人選を「今年はそこが鍵になる」と重視してきた。スパンジェンバーグ(通称スパンジー)は今月2日の練習試合再開以降、前日12日までに8試合に出場し27打数13安打、打率.481、4本塁打と絶好調。その上、指揮官からはもともと「足が速くて選球眼がいい」と評価されており、1番の適性を備えていた。

 一方、心中穏やかでないのがこの日「9番・中堅」に回った金子侑司外野手だ。コロナ禍でチーム活動が自粛となる前からほとんどのオープン戦・練習試合で1番を務めてきた金子だが、練習試合再開後は12日までに34打数5安打、打率.147と不振を極めている。

 金子は昨季も開幕から32試合連続で1番で起用されたが、打率.209と振るわず3試合でスタメン落ち。その後4試合は1番先発に復帰したが、結局その座を秋山に譲り、専ら9番など下位に収まった。41盗塁で2度目のタイトルこそ獲得したが、与えられたチャンスを生かし切ることはできなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」