野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島メヒアが“2冠”、打率トップは中日大島…練習試合で結果を残したセ打者は?

6月19日に開幕を迎えるプロ野球。新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで迎える開幕に向けて、12球団は6月2日から練習試合を行って調整を進めてきた。その練習試合も16日に予定されている巨人対ロッテ戦を残して終了。残る10球団は14日の試合で最後の実戦機会を終えた。

中日・大島洋平(左)と広島のアレハンドロ・メヒア【写真:荒川祐史】
中日・大島洋平(左)と広島のアレハンドロ・メヒア【写真:荒川祐史】

打率2位にはヤクルトの西浦、3位には中日の京田がランクイン

 6月19日に開幕を迎えるプロ野球。新型コロナウイルスの感染拡大により3か月遅れで迎える開幕に向けて、12球団は6月2日から練習試合を行って調整を進めてきた。その練習試合も16日に予定されている巨人対ロッテ戦を残して終了。残る10球団は14日の試合で最後の実戦機会を終えた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 まだ、巨人とロッテが1試合ずつを残す状況ではあるものの、各球団の選手たちはどういった成績を残してきたのだろうか。ここでは選手個人の打撃成績を振り返り、打撃主要3部門で好成績を残して順調な調整ぶり、アピールに成功した選手を見ていこう。今回はセ・リーグだ。

【打率】(※20打数以上の選手)
1 大島洋平(中日).500
2 西浦直亨(ヤクルト).414
3 京田陽太(中日).400
4 オースティン(DeNA).385
5 ビシエド(中日).379
6 中島宏之(巨人).346
7 梶谷隆幸(DeNA).324
7 高橋周平(中日).324
9 湯浅大(巨人).318
10 西川龍馬(広島).306

 セ・リーグの首位打者となったのは中日の大島。24打数12安打で西武のスパンジェンバーグと並び、12球団でもトップの打率5割を残した。ただ、大島は下半身の張りで練習試合の最後の4試合を欠場。開幕には間に合う見込みとされているが、その影響が懸念される。

 2位には打率.414でヤクルトの西浦が入った。西浦はオープン戦最下位に沈んだチームの中で孤軍奮闘。三塁、遊撃、二塁と複数の内野ポジションを守る中で29打数12安打と好成績を残した。3位には.400で中日の京田。守備面では定評のある京田だが、打撃面は課題とされており、今季への期待が膨らむ。ここまでが4割台の選手だ。

 4位以下はDeNAの新助っ人オースティン、中日のビシエドと続き、6位には復活を目指す巨人のベテラン中島がランクイン。巨人では若い湯浅も9位に入った。セ・リーグの打率上位10人のうち4人は打線が活発だった中日勢が占めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」