野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

全中決勝戦完全試合&U-15で注目も…北の怪腕が選んだ地元高校で目指した“聖地”

最速146キロを誇る苫小牧中央の根本悠楓(はるか)投手が、今秋プロ志望届を提出する意向を固めた。白老白翔中3年の時に全国中学軟式大会決勝で完全試合を成し遂げ、侍ジャパンU-15でも活躍した左腕が、同校から初のプロ入りを目指す。Full-Countでは高校最後の夏を完全燃焼し、次のステージを見据える選手を応援する連載企画「#このままじゃ終われない」をお届けする。

苫小牧中央・根本悠楓【写真:石川加奈子】
苫小牧中央・根本悠楓【写真:石川加奈子】

甲子園初出場の夢は、コロナ禍に阻まれるも次の目標は「プロ志望届出します」

 最速146キロを誇る苫小牧中央の根本悠楓(はるか)投手が、今秋プロ志望届を提出する意向を固めた。白老白翔中3年の時に全国中学軟式大会決勝で完全試合を成し遂げ、侍ジャパンU-15でも活躍した左腕が、同校から初のプロ入りを目指す。Full-Countでは高校最後の夏を完全燃焼し、次のステージを見据える選手を応援する連載企画「#このままじゃ終われない」をお届けする。

【動画】中学時代は136キロで侍ジャパン、高校では146キロでスカウト注目の苫小牧中央・根本の実際の映像

 甲子園初出場の夢は、コロナ禍に阻まれた。だが、根本には目指すものがある。「ニュースを見て、甲子園のことはある程度、覚悟していました。大会はなくなりましたが、休まず練習は続けています。プロ志望届は出すつもりです。そこに関して心境の変化はありません」と入学当時から変わらぬプロ入りへの熱い思いを口にした。

 高校に進学する際は注目の的だった。中学生ながら最速は136キロで、カーブ、スライダー、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球を持った制球力抜群の左腕。全国中学決勝での完全試合に加え、第9回BFA U-15アジア選手権で最優秀投手を獲得しただけに引く手あまただった。通学できる高校を選んだ理由について根本は「体験会でいい雰囲気だったことと、地元の選手が多かったから」と語る。白老町と隣接する苫小牧市内にある学校で、地元の仲間たちと同校初の甲子園出場と初のプロ入りを志した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」