野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人&阪神は追い風、中日は恩恵ほぼなし? 増える外国人5枠をどう使う【セ編】

6月19日の開幕に向けて、臨時実行員会を開いて今季の特例ルールを決めたNPB。その大きなポイントとなるのが出場選手登録を31人に、ベンチ入り人数を26人に拡大、そして外国人枠を4人から5人へと拡大するところになるだろう。

阪神のボーア、巨人のサンチェス、ヤクルトのエスコバー(左から)【写真:荒川祐史】
阪神のボーア、巨人のサンチェス、ヤクルトのエスコバー(左から)【写真:荒川祐史】

投手の外国人が多い巨人は「投手4、野手1」となるか?

 6月19日の開幕に向けて、臨時実行員会を開いて今季の特例ルールを決めたNPB。その大きなポイントとなるのが出場選手登録を31人に、ベンチ入り人数を26人に拡大、そして外国人枠を4人から5人へと拡大するところになるだろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 外国人枠については出場選手登録は5人になるが、試合に出場できるベンチ入りは従来通り4人以内となる。ただ、登録を「野手4、投手1」「投手4、野手1」で登録した場合、その後の比率変更はできない。1人だったものを2人に増やす場合は従来の4人制にしなければならない、とされた。

 5人が登録できても、一度にベンチ入りできるのは4人となるこの新たな特例。一度に4人の野手を起用できるわけではなく、有効な策として考えられるのは、先発投手を1人ないし2人入れておくことか。その先発投手が投げるときに、別の外国人を休ませるだけで済み、投手起用に幅が生まれることになる。

 では、この特例で各球団にとって、どう影響が出るだろうか。12球団の外国人枠事情と、登録枠の活用方法を占ってみたい。まずはセ・リーグだ。◎は出場選手登録確実な選手

【巨人】(外国人7人)
投手:◎デラロサ、◎サンチェス、◎メルセデス、ビエイラ、ディプラン
野手:◎パーラ、モタ

 巨人は守護神のデラロサ、先発ローテに入る見込みのサンチェス、メルセデス、そして新助っ人のパーラが登録されるのは確実。残る1人をどうするか、は悩ましいかもしれない。ビエイラを登録し「投手4、野手1」とするのが順当だが、その後の運用に制限が生まれる。この制限には目をつむり、救援のデラロサ、ビエイラ、野手のパーラの3人、そしてサンチェス、メルセデスをきっちりローテで回すことが現実的だろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」