野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

史上初の初打者満塁被弾… 鷹・工藤監督はなぜ緊急事態でドラ3津森を初登板させたのか

21日のロッテ戦に1-5で敗れ、2連敗となったソフトバンク。1勝2敗でロッテとの3連戦を終えることになり、2015年以来、5年ぶりに開幕カード負け越しでシーズンのスタートを切った。

プロ初登板を果たしたソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】
プロ初登板を果たしたソフトバンク・津森宥紀【写真:藤浦一都】

プロ初登板となった津森は先頭の井上に満塁本塁打を被弾

■ロッテ 5-1 ソフトバンク(21日・PayPayドーム)

【PR】開幕後は7月2日まで全試合配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 21日のロッテ戦に1-5で敗れ、2連敗となったソフトバンク。1勝2敗でロッテとの3連戦を終えることになり、2015年以来、5年ぶりに開幕カード負け越しでシーズンのスタートを切った。

 勝負を分けたのは2回のアクシデントだった。プロ12年目で初めて開幕ローテを掴んだ先発の二保旭投手がレアード、マーティンに連打を浴びて無死一、二塁のピンチを招いた。ここで迎えた中村奨に対し、右腕が頭部死球を与えた。危険球退場。先発投手がわずか26球、2回無死満塁の状況でマウンドから姿を消した。

 ここでソフトバンクベンチが2番手としてマウンドに送ったのは、ドラフト3位ルーキーの津森宥紀投手だった。開幕1軍入りした新人右腕だが、1、2戦目は出番なし。これがプロ初登板という記念すべき日になったが、アクシデントによる緊急登板、無死満塁という絶体絶命の状況、そして相手は強打者の井上と、ルーキーがマウンドに上がるにはあまりにも酷な状況だった。

「緊張はなく、抑えてやろうという気持ちで、ワクワクもありました」。勇んでマウンドに上がった津森だったが、フルカウントからの8球目、井上に弾き返された打球はバックスクリーンへと消える満塁弾となった。一気に4失点。初登板の投手が1人目の打者で満塁弾を浴びるのは史上初の珍事だった。

 この厳しい場面で、ソフトバンクベンチはなぜルーキーをマウンドに送ったのだろうか? 第2先発要員としてベンチに置いていた高橋礼や松本裕樹ではなく、プロでまだ一度も公式戦に登板していない新人に託した理由を工藤公康監督は明かしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」