野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA、コロナ禍を機に広まる新たなカタチ ファン参加型オンライン応援の可能性

約3か月遅れ、かつ無観客試合という形でスタートした今季NPB。球場にファンの姿がない、応援歌が鳴り響かない開幕3連戦では、12球団がそれぞれ工夫を凝らした応援“演出”を行い、開幕の雰囲気を盛り上げた。

横浜スタジアムのメインビジョンに映し出されたオンラインハマスタに参加するファン【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
横浜スタジアムのメインビジョンに映し出されたオンラインハマスタに参加するファン【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

無観客で始まった今季NPB、DeNAではオンライン応援企画「オンラインハマスタ」開催

 約3か月遅れ、かつ無観客試合という形でスタートした今季NPB。球場にファンの姿がない、応援歌が鳴り響かない開幕3連戦では、12球団がそれぞれ工夫を凝らした応援“演出”を行い、開幕の雰囲気を盛り上げた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 本拠地・横浜スタジアムに広島を迎えたDeNAは、3連戦で「おうちで交流!OB 解説つき! オンラインハマスタ Supported by 日本生命」を開催。オンライン会議アプリ「Zoom」を利用して、数多くのファンが自宅からハマスタへ大きなエールを届けた。

 開幕日の19日には、ゲストOB解説者として鈴木尚典氏(現BC神奈川フューチャードリームス監督)と荒波翔氏(同アドバイザー兼コーチ)が参加。テレビ中継の副音声のように、画面上で共有される試合映像を見ながら、OBならではのオリジナル方法の詰まった解説を届けると同時に、参加したファンから直接質問を受け付けるコーナーも。さらには「初めて食べる」(鈴木氏)という球場グルメを試食し、ハマスタ名物の「ベイカラ」や「ベイ餃子」などを食レポする貴重なシーンも見られた。

 参加費(税込1000円)を支払って参加したファンは、それぞれ自宅で応援グッズを持ち、球団特製ビールやおつまみを手にしながら、球場気分を高めて参加。応援歌を歌ったり、家族揃っての大声援を送ったり、新しい形での応援を満喫している様子だった。

 今回の「オンラインハマスタ」で最大の目玉となったのは、このオンラインイベントの様子が試合前や試合中に横浜スタジアムのメインビジョンに映し出されたことだろう。試合開始前に球団歌「勇者の遺伝子」を歌う場面や試合中のイニング間に、ランダムに選ばれた参加者はオンライン上から球場のメインビジョンへ“移動”。初戦では開幕投手を務めた今永昇太投手や、新主将の佐野恵太内野手らに向け、「頑張ってください!」「応援してます!」というファンの熱い声援が、そのまま届けられた。

「オンラインハマスタ」では、Zoomのチャット機能も存分に利用。参加者は試合展開やプレーに関するフリートークを楽しんだり、鈴木氏や荒波氏に積極的に質問をしたり、試合映像を見るだけの受け身の観戦・応援ではなく、積極的に関わりながら双方向のやりとりを楽しんだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」