野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

佐々木朗希は「日本の宝」 沢村賞2度の斉藤和巳氏も驚嘆「久々に見ましたね」

今年、新たにプロ野球の門を叩いたのは、支配下74人、育成33人、合計107人のルーキーたちだ。ドラフトでは12球団のうち7球団が高校生を指名するなど、高卒選手が“豊作”の年となったが、その中でも最も大きな注目を集めているのがロッテの佐々木朗希投手だ。

元ソフトバンクで現在は野球解説者の斉藤和巳氏【写真:松橋晶子】
元ソフトバンクで現在は野球解説者の斉藤和巳氏【写真:松橋晶子】

“令和の怪物”のキャッチボールを目撃し「大谷の1年目よりスゴイ」

 今年、新たにプロ野球の門を叩いたのは、支配下74人、育成33人、合計107人のルーキーたちだ。ドラフトでは12球団のうち7球団が高校生を指名するなど、高卒選手が“豊作”の年となったが、その中でも最も大きな注目を集めているのがロッテの佐々木朗希投手だ。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 大船渡高時代から150キロを超える本格派投手で、ついた渾名は“令和の怪物”。ドラフトでは4球団が競合した逸材を、ロッテは焦らずじっくり育成する方針だが、キャンプではキャッチボールをするだけで周囲から驚嘆の声が止まらず。キャンプを訪問した球団OB、解説者はもちろん、他球団の選手たちをも唸らせた。

 かつてソフトバンクのエース右腕として活躍し、2度の沢村賞、3度の最優秀投手賞などに輝いた斉藤和巳氏もその1人だ。2006年には史上7人目の投手5冠(最多勝、最高防御率、最多奪三振、最高勝率、最多完封)を達成したレジェンドは、2月に石垣島でのキャンプを訪れ、そこで見たキャッチボールに唖然としたという。

「ブルペンは見られなかったんですけど、キャッチボールは見ました。いやぁ、ちょっとスゴイです。大谷(翔平)の1年目より、ピッチャーとしてはスゴイです」

 思い返すだけでも言葉に熱を帯びるくらい、18歳右腕から受けた衝撃は大きかった。

「投げるボールはもちろんですけど、投げる姿やフォームも含め全体的に、1年目のキャンプ時の大谷よりいいと思います。大谷が1年目の時、キャンプでブルペンを見て『おぉ速いな』って思いましたけど、佐々木は『速いな』プラス『近いな』って感じました。少し近めの距離でキャッチボールをしていると思っていたら、終わった後で聞いてみるとマウンドからホームまでと同じ、18.44メートルで投げていたんですよ。横から見ていたら、いやいや、めっちゃ近く見えましたね(笑)」

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」