マエケン譲り? 広島・大瀬良が引き継ぐ“打撃もおろそかにしない”エース道

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

新人時代には「安打数+打点数」を前田、野村と争った

 広島のエース、大瀬良大地投手が19日のDeNAとの今季開幕戦で、投げては1失点完投勝利、打ってはプロ初本塁打を放つ大活躍を演じ、広島OBでツインズの前田健太投手がツイッターで「やばいな。笑 最高!」と反応したのを見て、思わずニヤリとしてしまった。というのは今年2月、広島の宮崎・日南キャンプを取材した際、球団関係者からこんな話を聞いていたからだ。

「大瀬良はルーキーイヤー(2014年)に、マエケン(前田)と野村祐輔から、シーズンを通して『安打数+打点数』のポイントが1番高かった者に他の2人が食事を御馳走する、というゲームを持ち掛けられていたんだよね。ただし、大瀬良は九州共立大時代の4年間、DH制でほとんど打席に入っていなかったから、1人だけポイントを倍にするアドバンテージをもらっていた」

 実際にどんな食事会になったのかまでは取材できなかったが、14年の打撃成績を比較すると、マエケンは60打数9安打1打点(打率.150)で“10ポイント”。野村は30打数7安打4打点(.233)で“11ポイント”。大瀬良は53打数5安打3打点(.094)だが、倍にすれば“16ポイント”で断トツとなる。さぞかし、おいしく“ゴチ”になったことだろう。

 広島は伝統的に球界を代表する投手を数多く輩出しているが、打撃も決しておろそかにしない。“レジェンド”の黒田博樹氏の場合は、決して高打率をマークするタイプではなかったが、気迫は抜群だった。日本球界復帰直後の15年4月、阪神・藤浪から2球続けて胸元をえぐる内角球を投じられ、尻もちをついてよけた直後、「オラッ!」と叫びながら鬼の形相でマウンドへ歩み寄った姿は、今も記憶に鮮明だ。

 対照的に、大瀬良は17年8月、同じ藤浪から左肩に死球を食らった際、即座にマウンドへ向かって笑顔を向け、「大丈夫!」という風に2、3度うなずいてみせた。前出の球団関係者は「あの時、当時の緒方監督は大瀬良を呼び、『いい人ではグラウンド上で勝てない』と叱責した。監督の脳裏には、黒田の姿があったのだろうね」と語っていた。

次代を担うドラ1森下 「競い合って本物のエースに」と江夏氏

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY