野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

5連敗中のチームを救えるか… オリックス山本由伸の凄さを示す指標と特徴

2019年のパ・リーグにおいて最優秀防御率のタイトルを獲得したのは高卒3年目、21歳の山本由伸投手だった。若くしてオリックスの投手陣の中心的存在へと成長を遂げた右腕はプロ1年目の2017年は先発、2年目の2018年は中継ぎ、そして3年目の2019年には再び先発と、プロ入りからの3年間は毎年異なる持ち場を任されていた。

オリックス・山本由伸【画像:パーソル パ・リーグTV】
オリックス・山本由伸【画像:パーソル パ・リーグTV】

2019年に21歳の若さで最優秀防御率に輝いた山本

 2019年のパ・リーグにおいて最優秀防御率のタイトルを獲得したのは高卒3年目、21歳の山本由伸投手だった。若くしてオリックスの投手陣の中心的存在へと成長を遂げた右腕はプロ1年目の2017年は先発、2年目の2018年は中継ぎ、そして3年目の2019年には再び先発と、プロ入りからの3年間は毎年異なる持ち場を任されていた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 山本が先発として2019年に見せた投球の質の高さはタイトルを獲得した事実が物語っているが、快速球とフォークを軸に中継ぎとしてフル回転しシーズン途中まで最優秀中継ぎ投手を争った2018年に残したインパクトも相当なものだった。先発と中継ぎの双方で能力の高さを示した点も山本の豊かな才能を示す要素の1つと言えるだろう。

 では、具体的に山本のどこが優れているのだろうか? 1軍での登板機会が多く得られるようになった直近2年間のデータや、実際の配球、球種の変化をもとに分析。若くしてエースナンバーである背番号「18」を引き継いだ剛腕が持つ高い能力を紐解いてみたい。

○各種投手指標の優秀さ

 2019年に防御率1.95という素晴らしい数字を残したが、リリーフだった2018年も53試合目の登板となった9月18日の時点で防御率2.05という安定した数字を残していた。9月19日の試合で5失点を喫して最終的な防御率は2.89まで跳ね上がってしまったが、それまでは中継ぎとしても防御率1点台に迫ろうかという活躍を見せた。

 1イニングあたりに出した走者の数を示す指標「WHIP」においても2018年は1.06、2019年は0.96を記録。非常に優れた数値とされる「1.00」近辺の数字を残しており、走者を出す確率が低い投手といえる。さらに被本塁打8本は2019年にパ・リーグの規定投球回に到達した投手たちの中では最少かつ唯一の1桁台。そこからも大量失点を喫する可能性が低いことが伺える。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」