野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島堂林が5割&2本塁打、巨人岡本は3発… セ週間ベストナインは?

広島堂林が5割&2本塁打、巨人岡本は3発… セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れて6月19日に開幕したプロ野球。開幕3連戦を終え、23日からは6連戦がスタートした。パ・リーグ球団は未知の同一カード6連戦が始まり、まず最初のカードを終えた。

広島・堂林翔太、大瀬良大地、DeNAのタイラー・オースティン(左から)【写真:荒川祐史】
広島・堂林翔太、大瀬良大地、DeNAのタイラー・オースティン(左から)【写真:荒川祐史】

DeNAは6試合中5試合で2桁安打、5勝1敗と好調

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れて6月19日に開幕したプロ野球。開幕3連戦を終え、23日からは6連戦がスタートした。パ・リーグ球団は未知の同一カード6連戦が始まり、まず最初のカードを終えた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 そこで6月23日から6月28日までの各球団の選手成績を検証。2020年のプロ野球第2週の週間ベストナインをFull-Count編集部独自に選出した。まずはセ・リーグ編だ。

【セ・リーグ第2週】
1 DeNA 5勝1敗0分
2 巨人 3勝2敗1分
2 広島 3勝2敗1分
4 ヤクルト 3勝3敗0分
5 阪神 2勝4敗0分
6 中日 1勝5敗0分

 セ・リーグはDeNAが5勝1敗と白星を数多く積み重ね、3勝2敗1分の巨人、広島が続いた。中日は1勝5敗、阪神が2勝4敗と苦戦する1週間となった。

【セ週間ベストナイン】
先発 大瀬良大地(広島)
救援 デラロサ(巨人)
捕手 該当者なし
一塁 堂林翔太(広島)
二塁 ソト(DeNA)
三塁 岡本和真(巨人)
遊撃 田中広輔(広島)
左翼 佐野恵太(DeNA)
中堅 梶谷隆幸(DeNA)
右翼 オースティン(DeNA)

 23日から28日の1週間で特に活躍が光ったのは、やはり5勝をマークしたDeNA勢だ。その中でも右肘の張りで開幕3試合でスタメンから外れたオースティンは打率.480、2本塁打と活躍。好調な打線を牽引し、この週の週間MVPと言って過言ではないだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」