野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武高橋光に求められる高きハードル 「もう少し頑張ってもらいたい」辻監督が厳しい理由

西武の高橋光成投手は6月30日のオリックス戦に先発して6回2失点に抑え、今季2戦2勝としたが、辻発彦監督の評価は前回登板に続いて手厳しいものだった。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

2試合続けて苦言「あの7回はちょっと寂しい」

■西武 3-2 オリックス(30日・メットライフ)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 西武の高橋光成投手は6月30日のオリックス戦に先発して6回2失点に抑え、今季2戦2勝としたが、辻発彦監督の評価は前回登板に続いて手厳しいものだった。

 高橋光は今季初登板の6月23日ソフトバンク戦では、5回1/3を4安打3失点にまとめ勝利投手となった。しかし、2回に味方打線が一挙4点取ってくれた直後、3回に2四球で自らピンチをつくり2点を返される展開。そんな姿勢に、辻監督は「俺は納得できない」と苦言を呈した。

 1週間後のこの日、6回まではほぼ文句なしだった。2点リードの6回には2死一塁で、メジャー通算282本塁打を誇る大物新外国人ジョーンズを迎え、142キロのカットボールで空振り三振に仕留めた。高橋光自身「ジョーンズ選手を三振に取ったカットボールは、いいボールだったと思います」と自画自賛の1球だった。

 ところが、リードが3点に広がって迎えた7回、安心したわけではないだろうが、突如崩れた。先頭のT-岡田に右中間を破る二塁打を許し、続く新外国人ロドリゲスに来日1号の2ランを被弾。これが丁度100球目だった。さらに続く若月に初球を中前打されて同点のランナーを背負ったところで、結局この回1死も取れないまま降板を命じられた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」