野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武山川「間違ってなかった自信ある」 6戦5発から23打席ノーアーチもブレない準備

西武山川「間違ってなかった自信ある」 6戦5発から23打席ノーアーチもブレない準備

2年連続パ・リーグ本塁打王の山川穂高内野手が4日のオリックス戦で3打数無安打1四球に終わり、持ち味の一発から23打席遠ざかっている。前週のソフトバンクとの6連戦で5本塁打を量産したが、週が替わり相手がオリックスとなった途端、5試合で18打数1安打でピタリと当たりが止まっている。

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

3年連続キングへ昨オフに打撃フォーム改造「結果が出ても出なくても、ぶれずにやっていきたい

 2年連続パ・リーグ本塁打王の山川穂高内野手が4日のオリックス戦で3打数無安打1四球に終わり、持ち味の一発から23打席遠ざかっている。前週のソフトバンクとの6連戦で5本塁打を量産したが、週が替わり相手がオリックスとなった途端、5試合で18打数1安打でピタリと当たりが止まっている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 6回無死一塁では、田嶋のやや高めに浮いたフォークを捉えて中堅へ大飛球を放ったが、もうひと伸び足りずフェンス際で捕られた。1点を追う8回2死二塁の同点機ではヒギンスの151キロ速球を打ったが、三ゴロに打ち取られた。

 今のところ本塁打は、6月28日ソフトバンク戦の3打席目に左翼席へ放った5号ソロが最後で、4打席目の空振り三振以降、23打席ノーアーチ。その間はヒットもわずか1本で、チームが最下位オリックス相手の5試合に2勝2敗1分けと苦戦しているのも、4番の不振と無関係ではない。山川は昨季もソフトバンク戦が対戦打率.284、11本塁打だったのに対し、オリックス戦は.228、7本塁打。苦手意識もあるのかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」