野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、打線に光明も専門家が抱く“心配事” 今季初の連勝も「第1次の疲れが…」

オリックスは5日、敵地メットライフドームでの西武戦に8-5で勝ち、今季初の連勝とカード勝ち越しを飾った。先発の山本由伸投手が7回を4安打2失点(自責点1)にまとめ、無傷の2勝目。打線も効果的に加点して快勝で終えるはずだったが、終盤にリリーフ陣がきっちりと締められず、後味の悪さも残った。

オリックスは5日の西武戦に勝利し今季初の連勝とカード勝ち越しを決めた【写真:荒川祐史】
オリックスは5日の西武戦に勝利し今季初の連勝とカード勝ち越しを決めた【写真:荒川祐史】

先発の山本は7回2失点(自責1)の力投も「球数だけで言えば、もう1イニングは行けたと思う」

 オリックスは5日、敵地メットライフドームでの西武戦に8-5で勝ち、今季初の連勝とカード勝ち越しを飾った。先発の山本由伸投手が7回を4安打2失点(自責点1)にまとめ、無傷の2勝目。打線も効果的に加点して快勝で終えるはずだったが、終盤にリリーフ陣がきっちりと締められず、後味の悪さも残った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大量6点リードで迎えた9回。今季6試合目の登板となった海田智行投手が、先頭から長短3連打を浴びて1点を失い、なおも無死二、三塁でクリーンアップを迎えた。オリックスベンチはたまらず比嘉幹貴投手をマウンドへ。1死は奪ったものの、4番・山川穂高内野手にタイムリーを許し、慌てて3連投となる守護神のブランドン・ディクソン投手を投入する展開に。最後は遊ゴロ併殺打に仕留めて事なきを得たが、よもやの継投を余儀なくされた。

「心配なのは、中継ぎの登板過多。早い段階で、第1次の疲れが来てもおかしくない状況かもしれませんね」

ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は懸念点を挙げる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」