野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 赤マル急上昇中!? 開幕から2週間半、12球団で輝きを放つ新星たち

赤マル急上昇中!? 開幕から2週間半、12球団で輝きを放つ新星たち

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れの6月19日に開幕したプロ野球。7月5日で開幕から2週間半が経過し、セ・リーグは5カードを終えて対戦が一巡した。同一カード6連戦のパ・リーグは3カードが終了し、各球団が15試合ずつを戦い終えた。

ソフトバンク・栗原陵矢(左)、ヤクルト・西浦直亨【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンク・栗原陵矢(左)、ヤクルト・西浦直亨【写真:藤浦一都、荒川祐史】

ソフトバンクの栗原はここまでチームトップの打率をマークする

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れの6月19日に開幕したプロ野球。7月5日で開幕から2週間半が経過し、セ・リーグは5カードを終えて対戦が一巡した。同一カード6連戦のパ・リーグは3カードが終了し、各球団が15試合ずつを戦い終えた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグでは巨人、パ・リーグでは楽天がそれぞれ首位に立つ今季のプロ野球。ここまでの戦いを見ても、楽しみな新星や、期待されながらなかなか芽の出なかった選手の覚醒ぶりが見られる試合が続いている。そこでここでは赤マル急上昇中の打者たちに注目してみたい。

・ソフトバンク:栗原陵矢捕手

 プロ6年目で初めて開幕スタメンの座を掴み取った栗原。そこから全15試合にスタメン出場し、チームトップの打率.317、同トップタイの13打点を記録し、すでにチームに不可欠な打者の1人となっている。

・楽天:太田光捕手

 パ・リーグの首位を走る楽天では、プロ2年目の太田の活躍が光る。浅村をはじめ、ロメロ、鈴木と強力な打者たちの中にあって太田もリーグ7位となる打率.343をマーク。バッティングだけでなくリード面でも投手陣を引っ張っており、一気に正妻の座を手にした印象だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」