野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリに負け越した西武の誤算 突如崩れる先発と救援陣の登板過多のジレンマ

2年連続パ・リーグ覇者の西武が、本拠地メットライフドームでの最下位オリックスとの6連戦に2勝3敗1分けで負け越した。オリックスは前週のロッテとの6連戦に全敗し、どん底のチーム状態にあっただけに、獅子にとっては大きな誤算といえるだろう。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

リリーフとして送り出した田村、森脇が崩れ「もうひとつひと皮むけない」

 2年連続パ・リーグ覇者の西武が、本拠地メットライフドームでの最下位オリックスとの6連戦に2勝3敗1分けで負け越した。オリックスは前週のロッテとの6連戦に全敗し、どん底のチーム状態にあっただけに、獅子にとっては大きな誤算といえるだろう。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この6連戦では継投が重要なポイントとなった。5日の試合では1点ビハインドで迎えた6回2死一、二塁の場面で、90球に達した先発・與座を諦め、田村にスイッチ。ところが、この田村が安達に適時打を許した上に、続投した7回にも1死から5連打を浴び、試合を決定づける4点を奪われた。

 前日の4日も2点リードの8回アタマから、7回84球で5安打1失点と好投していた先発・松本を降ろし、森脇にスイッチ。森脇は四球で出した走者を自らのけん制悪送球で二塁に進め、大城にタイムリーを浴びた。続く吉田正に対しては“左殺し”の小川を投入したが、まさかの逆転2ランを浴び、敗れたのだった。

 辻発彦監督は「森脇も田村も、負けている時にはいいピッチングをしても、接戦となるとああいう形になる。もうひとつ彼たちがひと皮むけない。気持ちの面で弱いのか。勝ちゲームを任せられない。まだまだ力不足というところでしょうね」と嘆いていた。

 今季の西武は平井、新外国人右腕ギャレット、守護神・増田が“勝利の方程式”を形成。最速158キロ右腕の平良、ドラフト1位ルーキーの宮川も好調で、辻監督は「昨年までと違い、後ろ(リリーフ陣)は充実している」と自信を示している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」