野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ注目最速143キロ左腕、享栄・上田 甲子園中止も些細な出来事「それが僕の価値観」

第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まり、約1か月。代替大会、引退試合、上の舞台、将来の夢……。球児たちも気持ちを切り替え、新たな目標に向かってそれぞれのスタートを切っている。新型コロナウイルスは彼らから何を奪い、何を与えたのか。Full-Countでは連載企画「#このままじゃ終われない」で球児一人ひとりの今を伝えていく。

享栄(愛知)のエース・上田洸太朗【写真:荒川祐史】
享栄(愛知)のエース・上田洸太朗【写真:荒川祐史】

U-15で世界一、12球団のスカウトが熱視線を送る最速143キロ左腕

 第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まり、約1か月。代替大会、引退試合、上の舞台、将来の夢……。球児たちも気持ちを切り替え、新たな目標に向かってそれぞれのスタートを切っている。新型コロナウイルスは彼らから何を奪い、何を与えたのか。Full-Countでは連載企画「#このままじゃ終われない」で球児一人ひとりの今を伝えていく。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 5月20日、日本高野連による夏の選手権大会中止が発表された。全国4000校の球児が一様に落胆にくれたその日、享栄(愛知)のエース・上田洸太朗投手(3年)はすでに先を見ていた。

「高卒でプロに行くことは中学3年のときには決めていた。選抜が中止になった時点で夏の大会もなくなるかもしれないという覚悟はしてましたし、どちらにせよ自分がやらなきゃいけないことは変わらない。中止発表の前の自粛期間から、気持ちは甲子園よりもその先に向かってました」

 中学時代は富山・高岡ボーイズでプレー。米国で開催されたU-15では世界一にも輝いた。地元の強豪・高岡商業に進むか、私学4強がひしめく激戦区の愛知にその身を投じるか。代表で世代トップクラスのメンバーと世界の頂点に立った中学時代の上田に、迷いはなかった。

「甲子園出場を目指すのであれば地元に残ってもよかった。実際、高岡商ならチャンスはいくらでもあったと思う。でも、甲子園に出てその先があるのかを考えたとき、自分のなかでは愛知だった。野球王国といわれる188校がしのぎを削る環境で、自分の力を試したかった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」