広島鈴木誠、阪神梅野が打率5割超え 燕西浦が驚異の4発…セ週間ベストナインは?

ヤクルト・西浦直亨、広島・鈴木誠也、阪神・梅野隆太郎(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・西浦直亨、広島・鈴木誠也、阪神・梅野隆太郎(左から)【写真:荒川祐史】

先発は完封一番乗りの巨人菅野、リリーフには中日福を選出

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕したプロ野球。開幕3週目となった6月30日から7月6日までの1週間では3試合が中止となった。予備日の7月6日に組み込まれた広島対阪神も雨で流れることになった。

 ここでは6月30日から7月6日までの各球団の選手成績を検証。2020年のプロ野球第3週のベストナインをFull-Count編集部独自に選出した。今回はセ・リーグ編だ。

【順位表】
1 巨人 10勝4敗1分 
2 DeNA 9勝6敗0分 1.5
3 ヤクルト 7勝7敗0分 1.5
4 中日 7勝8敗0分 0.5
5 広島 5勝7敗1分 0.5
6 阪神 4勝10敗0分 2.0

【第3週セ・リーグ】
1 巨人 6試合4勝2敗0分
1 中日 6試合4勝2敗0分
3 ヤクルト 5試合3勝2敗0分
4 DeNA 6試合3勝3敗0分
5 阪神 5試合2勝3敗0分
6 広島 4試合0勝4敗0分

 巨人と中日が4勝2敗と白星を積み重ね、巨人は首位の座をキープした。一方で広島はこの第3週は4戦全敗と苦戦し、5位に転落した。阪神は週末に今季初の2連勝として復調の兆しを感じさせた。

中日ビシエド&巨人丸は3発10打点と好成績、巨人菅野は12球団完封一番乗り

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY