野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鳴り響いたファンファーレに応える4本塁打 北海道で実現した吹奏楽と野球部の絆

高校野球のスタンド応援を彩る吹奏楽。コロナ禍により今夏は耳にすることができないと思っていたが、北海道浦河町で行われた浦河対鵡川の練習試合で両校の華麗な演奏が繰り広げられた。

浦河高校吹奏楽部の演奏の様子【写真提供:浦河高校写真部】
浦河高校吹奏楽部の演奏の様子【写真提供:浦河高校写真部】

北海道浦河町で行われた浦河対鵡川の練習試合で両校の華麗な演奏が実現

 高校野球のスタンド応援を彩る吹奏楽。コロナ禍により今夏は耳にすることができないと思っていたが、北海道浦河町で行われた浦河対鵡川の練習試合で両校の華麗な演奏が繰り広げられた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 本来なら夏の南北海道大会室蘭支部予選開幕日だった6月27日、浦河高校のグラウンドに競馬のファンファーレが鳴り響いた。演奏するのは浦河の吹奏楽部。馬産地という地域色を生かしたファンファーレは、野球部の応援に欠かせない鉄板レパートリーだ。30人を超える部員の壮大な演奏を耳にした町民が一人二人と吸い寄せられるようにグラウンドに集まって来る。時節柄事前告知は一切していなかったが、100人以上が観戦に訪れ、ちょっとしたイベントになった。

 鵡川の吹奏楽部も負けていない。野球部強化と同時に創部して過去3度甲子園で演奏しただけに、野球部の応援は特別だ。選手一人一人のリクエストに応じて応援曲を用意。部員8人にOB3人も加わり、心を込めて応援した。鈴木楓香部長(3年)は「すごく楽しかったです。みんなで演奏したくてもできない中、貴重な場をいただき、思い出に残る日になりました」と笑顔を見せた。

 浦河の吹奏楽部3年生の思いが形になった。「コロナで演奏ができない中、機会をいただけませんか」と野球部の阿部健太監督に相談したことがきっかけだった。浦河のグラウンドは道路側のネットが低いため、これまで1度も練習試合を行ったことがなく、全て相手校に出向いて試合をしていた。ただ、今年の夏季北海道大会は無観客で開催される。阿部監督は「大々的にはできないが、野球部に関わってくれた方々に何とか見せられないか」と自校での練習試合開催を模索。保護者が簡易ネットを手作りで設置し、過去に合同練習するなど縁のある鵡川に声をかけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」