野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

専門家が燕・村上の3年目の進化を確信 若手が「見習ってほしい」姿勢とは

8日にナゴヤドームで行われた中日-ヤクルトは延長10回の末、5-5の引き分けで“痛み分け”に終わった。現役時代に中日、西武、ロッテで外野手として活躍した平野謙氏は両軍の若手に、進境著しいヤクルトの村上宗隆内野手を“手本”にしてもらいたい点を挙げた。

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

現役時代に中日、西武、ロッテで外野手として活躍した平野謙氏が解説

 8日にナゴヤドームで行われた中日-ヤクルトは延長10回の末、5-5の引き分けで“痛み分け”に終わった。現役時代に中日、西武、ロッテで外野手として活躍した平野謙氏は両軍の若手に、進境著しいヤクルトの村上宗隆内野手を“手本”にしてもらいたい点を挙げた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 昨季36本塁打、96打点を量産し、新人王に輝いた村上が、今季はチームの4番に座り、さらなる成長を見せている。昨季.231に終わった打率も、今季は8日現在.333。この日は1発こそ出なかったが、2回先頭で中前打を放ち、一挙、3得点の口火を切った。

 平野氏は村上のこの安打の打席のファウルに着目した。1球目のボール球のカーブを見送った後、2、3球目と続けてファウルに。いずれも内角のコースの146、147キロの速球に対してしっかりスイングできていた。「だからこそ、4球目の甘めにきたスライダー系の球をとらえることができた」と指摘する。

 村上が好調なのは打席での姿勢にあった。「自分が打てると思ったボールには積極的に打ちに行っている。まだ若いのにそういう姿勢は他の選手も見習ってほしいなと思います」と打つべき球を見極めて、しっかりとバットを振れているところに昨年よりも進化を感じた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」