野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「早めに巻き返さないと…」5位転落の鷹に元コーチが指摘する復調のポイントは

3年連続日本一のソフトバンクが苦しんでいる。9日に本拠地PayPayドームで行われた楽天戦でも1-9の大敗を喫し、今季通算7勝10敗の“借金3”で5位に転落した。現役時代はヤクルトなどで名外野手として活躍し、昨年までソフトバンクで5年間コーチを務めた飯田哲也氏は「今季は早めに巻き返さないと手遅れになる」「中継ぎ投手陣の整備が急務」と警鐘を鳴らした。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

12球団断トツの四球数に「向かっていく姿勢を見せてほしい」

■楽天 9-1 ソフトバンク(9日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3年連続日本一のソフトバンクが苦しんでいる。9日に本拠地PayPayドームで行われた楽天戦でも1-9の大敗を喫し、今季通算7勝10敗の“借金3”で5位に転落した。現役時代はヤクルトなどで名外野手として活躍し、昨年までソフトバンクで5年間コーチを務めた飯田哲也氏は「今季は早めに巻き返さないと手遅れになる」「中継ぎ投手陣の整備が急務」と警鐘を鳴らした。

 若鷹打線はこの日も火を吹かず、楽天の先発・塩見ら3投手のリレーの前に6安打1得点に終わった。内川、中村晃が不振や故障、体調不良などで開幕2軍スタートとなり、開幕後4番に座ることもあった長谷川は故障で抹消された。決してスラッガータイプではない36歳の川島が5番を打っているところに、台所事情の苦しさが表れている。

 飯田氏は「現状は3番・柳田と4番・バレンティンに頼り切り。本来、松田宣、明石はもっとできるはずですが、元気がない。奮起を期待したいですね。特に松田宣は、このメンバーであれば5番を打たなければいけない」と指摘する。昨季まで2年連続30本塁打以上の松田宣は、打率.162、本塁打0の不振。7番・三塁でスタメン出場したこの日も、7回の第3打席で中越え三塁打を放ったが、相手中堅手・小郷が落下地点に入りながら取り切れなかったもので、松田宣自身もしきりに首をひねっていた。

 飯田氏は「中村晃は2軍の試合には出てヒットも打っているので、そろそろ上がってくると思います。とはいえ、コロナ禍でシーズンが短縮された今季は120試合しかない。前半で上位に離されると手遅れになりかねません」と心配する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」