野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

劇的一発の鷹・柳田は「最高の教材」 売り出し中の栗原が「勉強すべき」点とは?

ソフトバンクは10日、本拠地での楽天戦に2-1で勝利した。延長10回に主砲の柳田悠岐外野手が左中間に飛び込む劇的なサヨナラ弾。現役時代に巨人で活躍し、「青い稲妻」のニックネームで人気を誇った野球評論家・松本匡史氏は「すごいバッティングだった」と絶賛。売り出し中の好調・栗原陵矢捕手にとって、柳田は「最高の教材」になると話した。

劇的なサヨナラ弾を放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
劇的なサヨナラ弾を放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

「青い稲妻」松本匡史氏が解説、柳田の打撃に感じる微妙な「変化」とは…

 ソフトバンクは10日、本拠地での楽天戦に2-1で勝利した。延長10回に主砲の柳田悠岐外野手が左中間に飛び込む劇的なサヨナラ弾。現役時代に巨人で活躍し、「青い稲妻」のニックネームで人気を誇った野球評論家・松本匡史氏は「すごいバッティングだった」と絶賛。売り出し中の好調・栗原陵矢捕手にとって、柳田は「最高の教材」になると話した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まさに値千金の一発だった。1-1で迎えた延長10回、柳田は先頭で打席に入ると、2ボール1ストライクからシャギワの4球目、高めのカットボールを捉えた。打球は左中間スタンドに着弾。有観客試合が再開となり、本拠地に駆けつけた鷹ファンは総立ちとなった。

 この日は4打席目までノーヒットも、相手先発・則本昂の内角攻めにあいながら2四球を選んでいた。松本氏は“最後の打席”について「一発狙いというのは感じましたね。そういった中で高めに浮いてきたボールをしっかり逃しませんでした。今までは低めをホームランにすることが多かったですが、やはり高めも逃さないんだなと改めて感じました」と振り返る。

 昨年から、柳田のバッティングには微妙な変化を感じていたという。

「スイングの鋭さは相変わらず凄いですが、バッティングが少し変わってきたと感じるのが『軽打』ですね。追い込まれたら、ある程度バッティングを変えてきているのかなと。元々、選球眼がいいのでそんなにボール球を振らない打者ですが、フルスイングでボールをしっかり捉える凄さがありました。それが、去年怪我して帰ってきてから、ある程度追い込まれると切り替えてバッティングをしていた」

 相手バッテリーにとっては、フルスイングで高打率を誇っていた柳田との対戦はより難しいものになっている。この日も、則本昂との見応えある対戦では「厳し目のところに来ていた中で打ち損じはありながら2つ四球を選んだ」あとに、豪快なスイングでのサヨナラ弾。「ボール先行になってストライクを欲しがった」新助っ人の一球を見逃さなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」