野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4回までに10K 鷹・石川、楽天打線をねじ伏せた新兵器スラッターと“ももクロ愛”

PayPayドームで行われた12日の楽天戦で圧巻の好投を見せたソフトバンクの石川柊太投手。4回までに6連続を含む10個の三振を奪って奪三振ショーを展開すると、7回まで強打の楽天打線をわずか2安打1失点に封じて今季2勝目をあげた。チームも3連勝でカード勝ち越し、勝率5割復帰を果たした。

楽天戦に先発したソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】
楽天戦に先発したソフトバンク・石川柊太【写真:福谷佑介】

ストレートに近い軌道、球速で打者の手元で沈むスラッターが大きな役割を果たす

■ソフトバンク 6-1 楽天(12日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 PayPayドームで行われた12日の楽天戦で圧巻の好投を見せたソフトバンクの石川柊太投手。4回までに6連続を含む10個の三振を奪って奪三振ショーを展開すると、7回まで強打の楽天打線をわずか2安打1失点に封じて今季2勝目をあげた。チームも3連勝でカード勝ち越し、勝率5割復帰を果たした。

 初回にいきなり茂木、鈴木大、ブラッシュと3者連続三振を奪い、圧巻の立ち上がりを見せた石川。2回先頭の浅村の二ゴロを挟み、そこから今度は6連続三振。4回2死からブラッシュを空振り三振に仕留め、早々とこの日の奪三振数を2桁10個に乗せた。

 5回に先頭浅村にこの日初安打となる中前安打を浴びると、1死からロメロに中越えの適時二塁打を許して1点を失った。それでも、この日与えた点も安打もこれだけ。7回までわずか91球で投げ抜く“省エネ&ハイスピード”投球で2安打1失点、11奪三振の快投だった。

 150キロ前後の真っ直ぐとパワーカーブが武器の石川だが、この日、光ったのが鋭く沈む“スラッター”だった。スライダーとカットボールの中間球のようなボールで、ストレートに近い球速、軌道で打者の手元まで小さく落ちる変化球だ。3回先頭の銀次を空振り三振に仕留めるなど、有効活用した。

「真っ直ぐと同じトンネルで曲がってくれるので振ってくれる。消せない球になっているんじゃないですかね。左バッターの内に投げられるとピッチングがラクになる」。ストレート、スラッター、フォーク、そしてパワーカーブ。このコンビネーションに楽天打線は完全に手を焼いていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」