初の首位浮上のヤクルトの新星 7月無失点の左腕・長谷川宙輝に元コーチ「先発できる」

ヤクルト・長谷川宙輝【写真:荒川祐史】
ヤクルト・長谷川宙輝【写真:荒川祐史】

ソフトバンクから加入の21歳左腕を元コーチの飯田哲也氏が解説

 ヤクルトが12日の試合で巨人に3-2で競り勝ち、今季初めて、首位に立った。野手ではベテラン・青木、主砲の村上、山崎や西浦らの活躍もあるが、リリーフ陣の奮闘も見逃せない。今回、取り上げたいのは7月に入って無失点リリーフを続けている長谷川宙輝投手。昨年までソフトバンクで育成だった左腕について、元ヤクルト外野手で昨年までソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏が「先発も試す価値があります」と評価した。

 長谷川は150キロの直球を武器にし、思い切りのいいピッチングを売りにする21歳。昨年はソフトバンクで2軍戦9試合に登板も、防御率6.04。1軍登板はなかった。ヤクルトに移籍した今季は、6月25日の阪神戦(神宮)で救援登板して、プロ初勝利。その後もリリーフとしてチームを支えている。7月に入ってからは5試合すべて無失点救援。12日も勝利に貢献した。

 飯田氏はホークスコーチ時代、3軍で一生懸命、練習に取り組んでいる長谷川の姿勢を見てきた。同じ東京出身で地元も近かったことから共通点も多く、よく話もしていた。「持っているものは素晴らしい。直球も速いですし、練習姿勢を見ているととにかく応援をしたくなる選手です。ホークスではファームでも好投手が多いので、なかなかチャンスが回ってこなかったという事情はありましたね」と入来祐作3軍投手コーチ(当時)とよく練習していた日々を思い返す。

 巡ってきたチャンスで結果を残せなかったことも事実。その点については「3軍でいい状態にいて、いざ2軍戦で起用されると気負ってしまって内容が良くなかった。層が厚いので2軍でもしっかりと結果を見せないと上にはいけません。チャレンジして、打たれて、3軍に戻ってくるという形が多かったですね」と高い技術は持っていても、プレッシャーに打ち勝つ精神力、体調管理に課題があったという。

 育成選手は3年目が終了し、自動的に一度、自由契約となり、再契約をするケースも多い。ヤクルトから支配下登録でのオファーを受けた長谷川は熟考の末、支配下でのプレーを目標にしていたため、移籍を決めた。

「才能が埋もれてしまうよりは、チャンスをもらえるところでプレーをした方が絶対にいいです。(長谷川は)最後まで迷っていたようでしたが、行った方がいいと思っていました」

状態がいい時は9回を投げきっていたスタミナもある、いずれは先発で…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY