西武平良が日本人6人目の160キロ記録 大谷、千賀ら過去の大台到達者は?

西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

西武の平良は19日の楽天戦で自己最速を更新する160キロをマーク

 西武の平良海馬投手が19日の楽天戦(楽天生命パーク)で自己最速を更新する160キロをマークした。この試合では満塁ホームランを浴びるなど痛打されたが、日本では数少ない“球速160キロ”はやはり魅力だ。ここでは過去に日本人選手で160キロをマークした選手たちを振り返っていく。

 メジャーでは160キロを投げる投手は当たり前のように現れるが、日本で大台を突破したのは平良を含め過去6人しか存在しない(1軍公式戦)。以下は160キロ以上を投げた日本人の球速ランキング。

1 165キロ 大谷翔平(日本ハム) 2016年10月16日CSファイナルステージ対ソフトバンク戦
2 161キロ 由規(ヤクルト) 2010年8月26日対横浜戦
2 161キロ 千賀滉大(ソフトバンク) 2020年7月8日対楽天戦
2 161キロ 国吉佑樹(DeNA) 2019年4月6日対巨人戦
5 160キロ 藤浪晋太郎(阪神) 2016年9月14日対広島戦
5 160キロ 平良海馬(西武) 2020年7月19日対楽天戦

日本人最速は大谷の165キロ、“元祖”は由規が2010年にマークした161キロ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY