8人兄弟の3男、卒業後は家業の農家に…21世紀枠で挑む、甲子園での“引退試合”

帯広農・水上流暢【写真:石川加奈子】
帯広農・水上流暢【写真:石川加奈子】

21世紀枠、帯広農の“二刀流”水上流暢に前を向かせた母の言葉

 第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まり、約1か月。代替大会、引退試合、上の舞台、将来の夢……。球児たちも気持ちを切り替え、新たな目標に向かってそれぞれのスタートを切っている。新型コロナウイルスは彼らから何を奪い、何を与えたのか。Full-Countでは連載企画「#このままじゃ終われない」で球児一人ひとりの今を伝えていく。

 今春センバツに21世紀枠で選出された帯広農の水上流暢外野手兼投手(3年)が、来月の甲子園交流試合で憧れの聖地に乗り込む。8人兄弟の三男坊は、来春の卒業後に家業の農家を継ぐため、これが最後の公式戦。昨秋の全道大会でチームトップの打率.667、19打点を挙げた強打者が大暴れを誓う。

 交流試合では8月16日の第2試合で健大高崎と対戦することが決まった。相手は昨秋の明治神宮大会準優勝校。「最初で最後の甲子園。緊張するかもしれないけれど、思い切ってプレーしたいと思います。帯農野球をしっかりやって、声を掛け合い、心を一つにして勝ちたいです」と水上は目を輝かせた。

 心の準備はできている。「第1打席は初回からチャンスで回ってきて、思い切り振り抜く。打球は左中間を真っ二つに割って、ランナーを返す。ピッチャーとしては、落ち着いて構えたところに投げる」。1月24日にセンバツ出場が決まってから半年間、何度も繰り返してきたイメージトレーニングだ。

 一度は心が折れかけた。センバツに続き、5月20日に夏の甲子園大会中止が決まると、3年生18人は引退を考えた。全員が高校で野球を辞める予定だけに、目標を失った衝撃は大きかった。ナインの心を動かしたのは、水上と梶祐輔(3年)だった。下宿での夕食中に「もっと野球がしたい」と仲間に本音を打ち明けた。

 音更町で農家を営む両親の下、6男2女という大家族に育った水上は「母から『もう一度ユニホーム姿がみたい』と言われ、野球で今まで育ててもらった恩返しをしたいと思いました」と振り返る。センバツには家族全員が応援に来る予定だった。たとえ甲子園大会がなくなっても、家族に最後の勇姿を見せたい。そんな熱い思いに、チームメートも前を向き始めた。代替大会を信じて練習を再開すると、夏季北海道大会、そして甲子園交流試合の開催と吉報が舞い込んだ。

パワーの源となった農作業、18年夏準Vの金足農から教わった農業高校の誇り

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY