野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「兄とは違うタイプの打者になる」 早実・清宮福太郎の可能性と“反骨精神”

日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の清宮福太郎外野手が27日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた高校野球西東京大会1回戦の八王子戦に「4番・左翼」で先発出場。公式戦1号となる場外ソロを放つなど4打数1本塁打1打点の活躍で、チームの逆転勝利に貢献した。高校通算111本塁打を放ち、7球団競合の末日本ハムに進んだプロ3年目の兄との違いはいったいどこにあるのか。

4回の第2打席にソロホームランを放った早稲田実・清宮福太郎【写真:荒川祐史】
4回の第2打席にソロホームランを放った早稲田実・清宮福太郎【写真:荒川祐史】

チームの初陣となった西東京大会1回戦では公式戦1号となる場外弾を放った

 日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の清宮福太郎外野手が27日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた高校野球西東京大会1回戦の八王子戦に「4番・左翼」で先発出場。公式戦1号となる場外ソロを放つなど4打数1本塁打1打点の活躍で、チームの逆転勝利に貢献した。高校通算111本塁打を放ち、7球団競合の末日本ハムに進んだプロ3年目の兄との違いはいったいどこにあるのか。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 2点ビハインドで迎えた4回の第2打席、先頭打者で打席に入った清宮は八王子の先発・溝口雄大投手の3球目を強振。左翼線へ高く上がった打球はレフトポールを巻き込み場外へ消えた。2年生4番に負けず劣らず、この日は1番北村広輝内野手が2本塁打、2番主将の梅村大和内野手が2ランを放つなど、チーム全体で5本塁打。中盤までは追う展開も、一発攻勢で最終回に逆転を果たした。

「まず、こういう状況のなかで試合ができてることに感謝しながらプレーしました。(本塁打は)とりあえずインコースを打とうと思っていて、インコースが来たので打ったという感じ。公式戦初本塁打は意外とあまり感慨もなかった」と清宮。2年生ながら名門・早実の4番を務めることについては「世間的にも大きな看板を背負ってる。4番である以上、その看板に泥を塗らないよう頑張りたい」と話した。

 3分間という限られた取材時間のなかでも特に印象的だったのが、「注目を浴びることはうれしいか」との質問に応えた「特にどちらでもないですね」との一言だ。兄・幸太郎が早実時代しきりに話していた「応援されることは間違いなく力になってる。注目を浴びることはうれしいです」との言葉とは対照的。無観客という特殊な状況での大会ということはあるにせよ、かつて「お兄ちゃんと同じは嫌だ」と右打ちにこだわったように、兄とはまた違った負けん気の強さを感じさせる。一方で、現在の身長体重を確認された際には「182センチの97…いや、99キロですね。すみません、ちょっとサバ読みました(笑い)」とかぶりを振るなど、兄同様の人懐っこさも垣間見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」