野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ロメロが“3冠王”、鷹・柳田は驚異の出塁率.571…パ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。7月10日から始まった有観客試合も、5000人を上限としながら、日々、熱戦が繰り広げられている。7月27日から8月2日までの第7週を終えて、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

ソフトバンクと日本ハムが4勝1敗と好調だったパ・リーグ第7週

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。7月10日から始まった有観客試合も、5000人を上限としながら、日々、熱戦が繰り広げられている。7月27日から8月2日までの第7週を終えて、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここではその7月27日から8月2日までのプロ野球第7週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出した。第7週のパ・リーグはソフトバンク、楽天の上位2チームは変わらず、3位以下の順位が入れ替わることとなった。

【パ・リーグ現在の順位表】
→1 ソフトバンク 38試合22勝15敗1分
→2 楽天 38試合20勝17敗1分 2.0
↑3 ロッテ 38試合19勝19敗0分 1.5
↓4 西武 38試合17勝18敗1分 0.5
↑5 日本ハム 38試合17勝19敗2分 0.5
↓6 オリックス 38試合14勝21敗3分 2.5

【第7週パ・リーグ】
1 ソフトバンク 4勝1敗0分
1 日本ハム 4勝1敗0分
3 楽天 3勝3敗0分
3 ロッテ 3勝3敗0分
5 西武 1勝4敗0分
5 オリックス 1勝4敗0分

 第7週のパ・リーグではソフトバンクで、ファーム調整中だった長谷川勇也外野手の新型コロナウイルスの感染が判明。2日に予定されていた西武戦が中止になった。また、日本ハムとオリックスの連戦は2日はゲームが組まれておらず、4球団が5試合で終えることとなった。ソフトバンク、日本ハムが4勝と白星を増やし、西武とオリックスが負け越し。楽天とロッテは3勝3敗の五分だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」