野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

木更津総合のプロ注目右腕・篠木 「エースで主将」に指名した監督の思惑と悔恨

高校野球千葉大会は4日、市原市のゼットエーボールパークなどで行われ、第8地区2回戦で優勝候補の木更津総合が姉崎に10-0で5回コールド勝ちした。プロも注目するエースで主将の篠木(しのぎ)健太郎投手(3年)は登板しなかったが、7月の練習試合で初めて球速150キロを計測したことを告白。千葉ナンバーワン右腕がマウンドで躍動する姿が、ますます楽しみになってきた。

チームメートに声援を送る木更津総合・篠木健太郎主将(右)【写真:宮脇広久】
チームメートに声援を送る木更津総合・篠木健太郎主将(右)【写真:宮脇広久】

この日は登板がなかったが7月の横浜隼人との練習試合で自己最速の150キロを計測

 高校野球千葉大会は4日、市原市のゼットエーボールパークなどで行われ、第8地区2回戦で優勝候補の木更津総合が姉崎に10-0で5回コールド勝ちした。プロも注目するエースで主将の篠木(しのぎ)健太郎投手(3年)は登板しなかったが、7月の練習試合で初めて球速150キロを計測したことを告白。千葉ナンバーワン右腕がマウンドで躍動する姿が、ますます楽しみになってきた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 身長176センチ、体重72キロ。決して大柄ではないが、これまでは140キロ中盤の速球とスライダー、フォークを操る完成度の高さで注目されてきた。そして試合後の会見で、7月の横浜隼人との練習試合で自己最速の150キロを計測したことを明かしたのだ。「球速に関する目標は特にない」と言いながらも、ドラフト候補生としての評価をまた上げた格好だ。

 この日は同学年の川端が先発して2回無安打無四球、吉田が2回を無安打1四球、熊谷が1回を無安打無四球に抑え、5回までとはいえ3投手による継投でノーヒットノーラン達成。ベンチ内でチームメートに声をかけて回るなど主将らしい振る舞いを見せていた篠木は、「自分は投げなくても、(この日登板機会がなかった吉鶴を含め)切磋琢磨しながら一緒にやってきた3年生投手5人で結果を出せればうれしいです」と笑顔が弾けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」