野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

拓大紅陵コールド発進 和田監督&飯田コーチ“元プロコンビ”の利点とは?

高校野球千葉大会は4日、市原市のゼットエーボールパークで第8地区2回戦が行われ、元ロッテ投手の和田孝志氏が監督、元ヤクルト外野手でゴールデングラブ賞7回を誇る飯田哲也氏がコーチを務める拓大紅陵が初登場。市原八幡を11-2の7回表終了コールドゲームで下した。

拓大紅陵・和田監督【写真:宮脇広久】
拓大紅陵・和田監督【写真:宮脇広久】

プロ経験者だから導ける近道 「欠点をなくすより長所を生かす」指導法

 高校野球千葉大会は4日、市原市のゼットエーボールパークで第8地区2回戦が行われ、元ロッテ投手の和田孝志氏が監督、元ヤクルト外野手でゴールデングラブ賞7回を誇る飯田哲也氏がコーチを務める拓大紅陵が初登場。市原八幡を11-2の7回表終了コールドゲームで下した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 13安打に8盗塁と足も絡めて13得点。それでも和田監督は、コロナ禍で5月いっぱいまで全体練習自粛を余儀なくされた苦難の道を振り返り、「6月1日からようやく練習を再開しましたが、今度はご存知の通り天候が悪く、思うような練習ができませんでした。うちは100人の大所帯(部員94人=マネジャーを除く)なので、密接を避けるのにも苦労しました」と吐露した。

 和田監督は拓大紅陵、東洋大を経て、1992年ドラフト3位でロッテに投手として入団。現役10年間で通算72試合2勝3敗、防御率3.67の成績を残した。現役引退後、ロッテのスコアラー、打撃投手、2軍投手コーチ補佐などを歴任し、2016年に母校・拓大紅陵のコーチとして復帰。昨年の夏の大会終了後に監督に昇格すると、同年秋の千葉県大会で準優勝を果たした。今春からは同校OBで2年先輩の飯田氏を迎えている。

 春4回、夏5回の全国大会出場を誇る拓大紅陵だが、04年春を最後に甲子園から遠ざり、夏に限れば02年が最後。最近は県内の有力な中学生が習志野、木更津総合といった常連校に流れる傾向が強まっている。そこで、和田監督と飯田コーチの“元プロコンビ”に名門復活の期待が寄せられているのだ。

 高校生を指導する上で、“元プロ”の利点はどんなところにあるのだろうか? 和田監督は「むしろ、プロは技術のある選手の集まりですが、高校生は3拍子そろった選手がなかなかいない。長所を生かしながらチームを組んでいくことが大事だと感じています」と相違点を強調した。さらに「毎年甲子園に出ているようなチームであれば、3拍子とはいかなくても、打てて走れるとか2つはそろっていたりするけれど、ウチはそうはいかない。なおさら、欠点をなくすよりも長所を生かす方が結果につながりやすいと思います」と力説するのだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」