野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

球速75キロ? “遅球”を武器に挑んだ夏 市原八幡のサブマリンが名門相手に奮闘

高校野球千葉大会は4日、市原市のゼットエーボールパークなどで行われ、第8地区2回戦で県立市原八幡が拓大紅陵に2-11の7回コールド負けを喫した。市原八幡の主将兼エースの山崎寿明投手(3年)は“超遅球”で名門に立ち向かった。

市原八幡の主将兼エースの山崎寿明【写真:宮脇広久】
市原八幡の主将兼エースの山崎寿明【写真:宮脇広久】

監督はしてやったり「相手は速い球を練習しているから、ハマるかもと」

 高校野球千葉大会は4日、市原市のゼットエーボールパークなどで行われ、第8地区2回戦で県立市原八幡が拓大紅陵に2-11の7回コールド負けを喫した。市原八幡の主将兼エースの山崎寿明投手(3年)は“超遅球”で名門に立ち向かった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 夏の県大会の過去最高は1999年の4回戦進出で、大半は1~2回戦敗退の市原八幡と、春4回・夏5回の甲子園出場を誇る拓大紅陵とでは、実力差は歴然。それでも山崎は右アンダースローから、ストレート、スライダー、スローカーブを駆使し奮闘した。

 1回の守備では2死二塁から、拓大紅陵の4番・小野寺が放った小飛球を中堅手が後逸し先制ランニングホームランに。これをきっかけに1回に3点、2回に5点、4回に3点を奪われた。5回表終了時点で2-11。その裏に1点でも取られれば、5回10点差コールドが成立するところだった。しかし、山崎は崖っぷちで粘った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」