野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ラミレス采配の“真骨頂”? 抜擢した神里&嶺井の活躍に見る眼力

DeNAは4日、横浜スタジアムで行われた中日戦に3対0で勝利した。敵地での巨人、阪神との6連戦に勝ち越し、勝率5割で地元に戻った試合でアレックス・ラミレス監督は、今季出場機会に恵まれていない2人の選手をスタメンに抜擢した。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

スタメンに抜擢された神里は4打数4安打の大当たり

■DeNA 3-0 中日(4日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは4日、横浜スタジアムで行われた中日戦に3対0で勝利した。敵地での巨人、阪神との6連戦に勝ち越し、勝率5割で地元に戻った試合でアレックス・ラミレス監督は、今季出場機会に恵まれていない2人の選手をスタメンに抜擢した。

 コンディションの整わないオースティンがスタメンを外れ、この日はなかなか適役がいなかった2番に神里を起用。捕手には井納と今季初のコンビとなる嶺井が入った。今季2度目のスタメン出場となる沖縄出身の2人の起用が見事に当たった。

「ここまでチャンスをもらっても、しょうもない結果が続いていたので、なんとかしたいと思って試合に臨んだ」という神里は、初回の第1打席にチーム初安打を放つと、4回の第2打席では先頭打者として内野安打で出塁し、先制点となるホームを踏んだ。6回には無死1塁からレフト線へ二塁打を放ってチャンスを広げ、ソト、佐野の連続適時打で貴重な追加点が入った。8回には左腕の浜田達から今度はライトへ二塁打を放ち、4打数4安打の大活躍だった。

 今季初のお立ち台に立ち「9連戦の頭を取れたので、チームも僕自身も上がっていきたい」と巻き返しを誓った神里。「しっかりチャンスをモノにしてくれた」と喜んだラミレス監督は、今季一番の活躍にも「特に驚くことはない」と信頼感を示した。

 嶺井は打撃での活躍はなかったが、フル出場して7回無失点の井納から石田、三嶋とつないだ完封リレーの影の立役者となった。井納は「嶺井がいいリードをしてくれたので、なんとか抑えることができた」と今季初コンビとなった女房役に感謝していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」