野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日米で違う野球のルール「引き分け」 MLBは今季から史上初のタイブレーク制を導入

「引き分け」という考え方は、もともと野球にはなかったものだ。19世紀半ばにアメリカ東海岸で誕生した野球は、最後まで決着をつけるものだった。

野球の「引き分け」の歴史とは【写真:荒川祐史】
野球の「引き分け」の歴史とは【写真:荒川祐史】

MLBでは日没、降雨など試合が中断しても引き分け再試合で決着をつける

「引き分け」という考え方は、もともと野球にはなかったものだ。19世紀半ばにアメリカ東海岸で誕生した野球は、最後まで決着をつけるものだった。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 1856年までは「21点先取したチームが勝ち」というルールであり、21点取るチームが出るまで延々と試合をしていた。しかし、時間がかかりすぎることから1857年「9イニングスを終了時点で得点が多かったチームを勝ちとする」とルールが改められた。しかし、同点の場合は決着がつくまで試合をするものとされた。

 MLBでは、この伝統が原則として現在まで続いている。ただし、かつてのMLBでは同点のまま延長戦になった場合には「引き分け再試合」で決着をつけた時期もあった。延長に入ってから日没や降雨などで試合が中断すれば、別の日に改めて再試合を行って決着をつけたのだ。ただし審判の判断などで、次の対戦の機会に、中断した試合のスコアの続きを「サスペンデッドゲーム」として行うこともあった。

「引き分け再試合」の場合は試合数が増え、「サスペンデッドゲーム」の場合は試合数が増えない。19世紀から1970年代まで、こういう形式で試合が行われてきた。チーム成績や選手の個人成績では引き分け試合が加算されているが、リーグの順位表には「引き分け試合」は載っていない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」