野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元阪神エースから4番・大山悠輔に期待の檄 雑音は「とにかく打って黙らせろ」

阪神は8日、敵地・広島戦に1-2で敗れた。先発・西勇輝投手が初回に先制ソロを許したが、直後の2回表に大山悠輔内野手が同点アーチをかけ、4番打者の意地を見せつけた。

阪神・大山悠輔【写真:津高良和】
阪神・大山悠輔【写真:津高良和】

藪恵壹氏が大山にかける大きな期待「球団として一流選手に仕上げていかないと」

■広島 2-1 阪神(8日・マツダスタジアム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 阪神は8日、敵地・広島戦に1-2で敗れた。先発・西勇輝投手が初回に先制ソロを許したが、直後の2回表に大山悠輔内野手が同点アーチをかけ、4番打者の意地を見せつけた。

 だが、大山にまだまだ満足するなとばかりに愛ある檄を送るのが、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。藪氏は「みんなが打てない大瀬良(大地)投手から一発打ったという意味では、4番の働きをしましたね」と評価する一方、1点を追う8回2死三塁で遊撃フライに倒れた場面を指し、「あそこで打ってこその4番」と尻を叩く。

「ドラフト1位で入った高山(俊)、大山を育てるのは至上命題。球団として一流選手に仕上げていかないと。これから30代に向かって、選手としては脂が乗る時期ですよ」

 大山は開幕当初、三塁のレギュラーをマルテに譲っていた。だが、マルテの故障により得たチャンスを生かし、今では「4番・三塁」が定位置となった。大山の定着に合わせてチームは勝ち星を重ね、開幕ダッシュに失敗したが、勝率を5割に戻すことに成功した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」