野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

正捕手1人は時代遅れ? DeNAラミレス監督は「捕手別投手成績」で徹底使い分け

巨人に次いでセ・リーグ2位につけているDeNA。投手によって3人の捕手を使い分ける、アレックス・ラミレス監督の采配がユニークだ。11日現在、先発捕手の座を戸柱が24試合、2軍調整中の伊藤光が13試合、高城が6試合、嶺井が3試合と分け合っている。

DeNA・伊藤光、戸柱恭孝、嶺井博希【写真:津高良和、荒川祐史】
DeNA・伊藤光、戸柱恭孝、嶺井博希【写真:津高良和、荒川祐史】

他球団も捕手併用の流れ 規定打席以上の捕手は阪神・梅野ら3人だけ

 巨人に次いでセ・リーグ2位につけているDeNA。投手によって3人の捕手を使い分ける、アレックス・ラミレス監督の采配がユニークだ。11日現在、先発捕手の座を戸柱が24試合、2軍調整中の伊藤光が13試合、高城が6試合、嶺井が3試合と分け合っている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 たとえば、エース今永が先発する試合のスタメン捕手は、最近3試合連続で戸柱。というのも、受ける捕手別の成績を見ると、戸柱の時が3戦全勝、防御率2.41。伊藤光の時が4試合1勝2敗、2.52。嶺井の時は1勝0敗、6.00となっているのだ。

 今季成長著しく、セ・リーグトップの防御率1.72をマークしている平良の女房役は8試合すべて戸柱。ちなみに、シーズン5勝6敗、4.11に過ぎなかった昨年の先発14試合は、伊藤光と嶺井が7試合ずつマスクをかぶっていた。

 左腕・浜口の場合は、最近3試合連続で高城。高城とバッテリーを組むと3勝0敗、防御率3.00。戸柱とでは0勝1敗、3.38となる。リリーフ陣と相性がいいのも高城で、普段中継ぎの武藤が先発したのをはじめ6投手継投の“ブルペンデー”となった10日の阪神戦では、先発フル出場して勝利に貢献。ラミレス監督を「今後は高城を“リリーフ捕手”として、試合終盤に使うかもしれない」と喜ばせた。

 ラミレス監督が捕手を起用する基準は、配球や投手との人間的な相性より、防御率であるらしく、昨季チーム最多の80試合で先発した伊藤光を「マスクをかぶった時の防御率が悪い」との理由で7月19日に2軍へ落としたままだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」