野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • バットを避けるように曲がる横スライダー お股ニキが選ぶMLBを代表する4投手

バットを避けるように曲がる横スライダー お股ニキが選ぶMLBを代表する4投手

今シーズンは60試合という異例の“短期決戦”で行われているメジャーリーグ。早くもシーズンは1/3が終了し、中盤に差し掛かった。マーリンズやカージナルスで新型コロナウイルス感染者が複数確認されるなど緊張感が高まる中でも、18.44メートルの距離で繰り広げられる投手と打者の真剣勝負は変わらない。

ナショナルズのパトリック・コービン【写真:AP】
ナショナルズのパトリック・コービン【写真:AP】

スピン量が多く横に変化するスライダーで打者を手玉にとる4投手とは

【お股ニキが選ぶ3+1・MLB編 第6回 横スライダー】

【動画】お股ニキも絶賛する左腕コービンのスライダー! 昨季はメジャー最多の161奪三振

 今シーズンは60試合という異例の“短期決戦”で行われているメジャーリーグ。早くもシーズンは1/3が終了し、中盤に差し掛かった。マーリンズやカージナルスで新型コロナウイルス感染者が複数確認されるなど緊張感が高まる中でも、18.44メートルの距離で繰り広げられる投手と打者の真剣勝負は変わらない。

 それぞれの投手が持つ決め球の中から、特に「魔球」と呼べるハイクオリティな球に焦点を当てるのが、「お股ニキが選ぶ3+1・MLB編」シリーズだ。野球の新たな視点を提案する謎の解説者・お股ニキ氏が、魔球の使い手「トップ3」と要チェックの「プラス1」を加えた4投手を独断と偏見で選び、ご紹介する。

 今回は、スライダーの中でも水平方向への変化量が多い、いわゆる「横スライダー」だ。垂直方向への変化量が多い「縦スライダー」と投げ分けたりしながら、4シームや2シームの速球と対になる変化球を操り、打者を手玉にとる投手たち。居並ぶメジャー投手たちの中でも、お股ニキ氏が注目する4投手は誰なのか。まずはお股ニキ氏の注釈からご紹介しよう。
(データソースはBaseball Savant、FanGraphs、BrooksBaseballによる。主なデータ項目の説明は最後に付記)

 まず始めに、根本的に勘違いしないでいただきたいのは、私はスライダーの全てをスラット型スライダー、つまり質的に速い縦のスライダーや縦のカッターに集約すべきだとは言っていない。少しスピードを遅くしながらスピン量を多くし、大きく横に曲げたり落としたりするタイプも有効である、と言ってきたことだ。今回は、その横スライダーに焦点を当てる。

【1位】パトリック・コービン(ナショナルズ)左投
回転効率20.7% 平均球速81.26マイル(約130.8キロ) Spin Axis 2:16 2398回転
空振り率27.6% 投球割合37.1% 被打率.158 ピッチバリュー/100:1.80

 昨シーズン、スライダーでメジャー最多となる161個の三振を奪ったパトリック・コービン。エースのマックス・シャーザーやスティーブン・ストラスバーグと共に投手陣を引っ張り、ナショナルズ悲願のワールドシリーズ制覇をもたらした。

 今回、コービンのスライダーを横スライダーに分類したが、実際にはスピードがやや遅いスラッターのような変化量や回転軸でもあるという点に注意が必要だ。やや遅めのスピードで低めのアングルから投げる、緩やかなカットボールのようなイメージ。こうして投げるとボールは鋭く斜めに曲がり落ち、まるでランディ・ジョンソンが投げていたスライダーのようになりやすい。

 こうしたボールを投げられるコービンは、投手としての総合力ではシャーザーらには及ばないものの、多くの空振りを奪えるのが強み。特にプレーオフのような短期決戦では、調子が良ければ打者の目線を変えたり、“何も起こさせない”リスクの低い投球が可能となるので、勝ち抜くために必要なピースとなる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」