野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、2番中村晃&3番柳田の狙いどこに? デスパ&グラ復帰での“最適解”は…

16日に本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦に6-2で快勝したソフトバンク。4番に入る栗原陵矢捕手が初回と8回に適時打を放ち、打撃不振の松田宣浩内野手にも適時打が飛び出した。序盤のリードを先発の石川柊太投手ら投手陣が守り抜いて快勝した。

ソフトバンク・中村晃(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】

16日のオリックス戦で柳田→中村晃の並びを入れ替えたソフトバンク

 16日に本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦に6-2で快勝したソフトバンク。4番に入る栗原陵矢捕手が初回と8回に適時打を放ち、打撃不振の松田宣浩内野手にも適時打が飛び出した。序盤のリードを先発の石川柊太投手ら投手陣が守り抜いて快勝した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 この試合でパッと目を引いたのが、その打順の並びだった。8月11日のオリックス戦から5試合続けてきた2番・柳田悠岐、3番・中村晃の並びを入れ替え、今季初めて2番に中村晃を置き、3番に柳田を据えた。

 それなりに機能していた2、3番の並びを入れ替えた狙いはどこにあったのか。試合後、工藤公康監督はこの中村晃、柳田の並びについてこう語った。

「ここ最近、柳田くんから(イニングが)始まることが多かった。四球を選んだり、出塁率の高い中村くんを2番に置いた方が、より柳田くんが生きるかなと思って替えさせてもらいました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」