野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4打点の燕・坂口は「年々若返っている」 オリックス時代知る森脇氏が語る強み

ヤクルトは20日、神宮球場で中日に7-3で逆転勝ちを収め、連敗を2で止めた。「1番・右翼」でスタメン出場した坂口智隆外野手が同点2ランとダメ押しとなる2点適時打で計4打点の活躍。元オリックス監督で、ダイエーやソフトバンク、中日でコーチを務めた森脇浩司氏は、36歳を迎えたベテランが放つ存在感の大きさを強調する。

ヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】

坂口は同点2ラン&ダメ押し2点タイムリーでチームの連敗止めた

■ヤクルト 7-3 中日(20日・神宮)

【動画】ほぼ完璧! 神戸国際大付属ではエースで甲子園出場した坂口の紙コップ“投球”の映像

 ヤクルトは20日、神宮球場で中日に7-3で逆転勝ちを収め、連敗を2で止めた。「1番・右翼」でスタメン出場した坂口智隆外野手が同点2ランとダメ押しとなる2点適時打で計4打点の活躍。元オリックス監督で、ダイエーやソフトバンク、中日でコーチを務めた森脇浩司氏は、36歳を迎えたベテランが放つ存在感の大きさを強調する。

 2点を追う4回、坂口は2死一塁の場面で外寄り低めの直球を右翼スタンドへ。3号2ランで試合を振り出しに戻した。外角一辺倒の配球に対し、しっかり踏み込んで打ちに行った点を挙げた森脇氏は「完全に坂口の読み勝ちだった」と評価する。さらに2点リードとなった5回2死二、三塁では、2番手の岡田俊哉投手が初球に投じた直球を中前にはじき返して2人を生還させた。

 坂口がオリックス在籍時、コーチと監督を務めた森脇氏は「坂口の長所は選球眼の良さと真っすぐへの強さ。それは好打者に共通することでもある。最もボール球を振らないバッターのひとりだと思う」と言う。その強みはプロ18年目を迎えた今も変わらないといい「坂口本人の支えになっていると思う。彼の基本は崩れていない」と推し量る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」