野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

692日ぶり白星の藤浪晋太郎 専門家が見る勝因と「まだまだ良くなる」理由とは?

阪神の藤浪晋太郎投手が21日、敵地・神宮球場で行われたヤクルト戦に先発し、692日ぶりの白星をあげた。7回1死まで投げて6安打6奪三振3四死球4失点(自責点2)。2018年9月29日の中日戦(ナゴヤD)を完封して以来の白星となる今季初勝利(4敗)を挙げた。

阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】

全盛期のボールは「縦のスピンが利いていてバンバン空振りを取れた」

■阪神 7-4 ヤクルト(21日・神宮)

 阪神の藤浪晋太郎投手が21日、敵地・神宮球場で行われたヤクルト戦に先発し、692日ぶりの白星をあげた。7回1死まで投げて6安打6奪三振3四死球4失点(自責点2)。2018年9月29日の中日戦(ナゴヤD)を完封して以来の白星となる今季初勝利(4敗)を挙げた。

 待望の、そして久々の白星をマークすることになった藤浪。この日の投球を、巨人で22年間スコアラーを務め、宿命のライバルである阪神の各選手を研究してきた三井康浩氏が徹底分析した。

 3月下旬に新型コロナウイルスに感染し、5月末には練習に遅刻して2軍降格。そんな波乱万丈の今年を象徴するように、この日の藤浪も苦闘の連続だった。2回の攻撃では、自身の三塁適時内野安打で、チーム38イニングぶりの得点を奪って先制したのを皮切りに一挙4点をあげた。

 ところがその裏、1死二、三塁で西田から空振り三振を奪ったものの、捕手・梅野が後逸してまさかの振り逃げに。これで1点を献上すると、続く吉田大喜にはセーフティースクイズを決められ、にわかに試合展開は怪しくなった。それでも、味方打線が3回にボーアの2ランで加点。藤浪は村上、坂口にソロ2発を浴び、7回途中でマウンドを降りたものの、岩崎、ガンケル、スアレスの無失点リレーにも助けられて、2年ぶりの白星に漕ぎつけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」