野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太の開幕5試合はツインズ史上最高? 米メディアが驚異の指標に着目

前田健太の開幕5試合はツインズ史上最高? 米メディアが驚異の指標に着目

今季ここまで5試合に先発して負けなしの3勝0敗、防御率2.27と好投を続けているツインズの前田健太投手。18日(日本時間19日)のブルワーズ戦では8回までノーヒットピッチング、球団新記録の8者連続奪三振を記録する圧巻の内容だった。

ツインズ・前田健太【写真:AP】
ツインズ・前田健太【写真:AP】

昨オフの3球団トレードの中で「ベストピッチャーはケンタ・マエダ」

 今季ここまで5試合に先発して負けなしの3勝0敗、防御率2.27と好投を続けているツインズの前田健太投手。18日(日本時間19日)のブルワーズ戦では8回までノーヒットピッチング、球団新記録の8者連続奪三振を記録する圧巻の内容だった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 米メディアからの称賛も相次ぎ、注目度も高まっている前田だが、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」では今季の前田の成績が、これまでの偉大な大投手に匹敵するものとなっていることを紹介している。

「ジ・アスレチック」の記事ではまず、「オフシーズンの3チームが関わったムーキー・ベッツのトレードで、ベストピッチャーは明らかだ。それは、ツインズのケンタ・マエダである」と指摘。レッドソックス、ドジャース、ツインズの3球団の間で行われた大型トレードで、最も結果を残している投手は前田だと挙げた。

 さらに「ミネソタに来て以来、彼は素晴らしいプレーをしている。それではここで、ケンタ・マエダについての面白いファクトを2つ紹介する」として、少々マニアックなデータを紹介。まず18日(同19日)の試合について、だ。

 この試合、前田は8連続を含む12個の三振を奪った。記事によると「もし彼がその試合をノーヒットで終えることが出来たなら、それほど多くの打者を連続で三振に打ち取ってノーヒット試合を達成した、たった2人目の投手となった、ということである。これ(以上)を達成している投手は、マックス・シャーザーだけだ」。2015年10月3日のメッツ戦で9連続三振、そしてノーヒットノーランを達成したナショナルズのシャーザーと遜色のない内容だったと伝えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」