野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3連覇狙う西武、苦戦の要因はどこに? 元コーチが分析する課題と今後の鍵

西武で2016年から2018年まで1軍作戦コーチとしてチームに貢献するなど、巨人やヤクルト、さらには日本代表でコーチを務めた名参謀の橋上秀樹さん。現在の西武の礎を築いた橋上さんに、今シーズンのチーム状況、3連覇の可能性について聞いた。

西武などでコーチを務めた橋上秀樹氏【画像:パ・リーグ インサイト】
西武などでコーチを務めた橋上秀樹氏【画像:パ・リーグ インサイト】

2016年から3年間、1軍作戦コーチを務めた橋上氏が語る西武

 西武で2016年から2018年まで1軍作戦コーチとしてチームに貢献するなど、巨人やヤクルト、さらには日本代表でコーチを務めた名参謀の橋上秀樹さん。現在の西武の礎を築いた橋上さんに、今シーズンのチーム状況、3連覇の可能性について聞いた。(取材日は8月4日)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

――現在(8/4)ライオンズはパ・リーグ4位。今のチーム状況をどう見ていますか?
「優勝候補の1つだったので、予想外ですね。なんといっても、今年は打てていない。森にしても山川にしても、打率が非常に低いですね。森にとってはプロに入ってきて初めて、特に大きな壁に当たっている感じがあります。昨年あれだけ素晴らしい活躍をしたということで、他球団が森への対策をしっかり立てて挑んできているというところが数字に出ているのかなと思いますけどね」

――昨年まで不動だった打線が今年は試行錯誤している状態です。
「源田は入団した時からずっと成績が良かったけれど、今年は良くないですよね。外崎にしても、森にしても、山川にしても、みんな調子が良くない。首脳陣としては、打線の調子が悪い時はどうしても打順をいじらざるを得ない。昨年まで不動でいけたのはそれぞれの選手が成績を残していたのでそれで良かったのですが、今年は不調の選手が非常に多いので、首脳陣もより良いつながりを探している段階ですね」

――鈴木将平、川越誠司などの新しい選手が台頭してきています。
「秋山翔吾が抜け、金子が故障していることによって出番がある訳ですから、チャンスを生かして頑張っていますね。だけど、長続きしない。チームの状態が良ければ、彼らも好調の時間がもっと長く続いたと思うんですよね。チームとして勢いというのが欠けているのかなと感じます」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」