野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大野雄を菅野にぶつける、攻撃での奇襲…井端弘和氏に聞いた中日逆転Vへの策

今、中日が強い。9年ぶりの5カード連続勝ち越し。最大9あった借金は1に減り、最下位から3位に浮上。2位DeNAと1ゲーム差。首位巨人と5.5ゲーム差。竜が勢いに乗っている。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

中日が逆転優勝するために絶対に必要な「巨人を叩くこと」

 今、中日が強い。9年ぶりの5カード連続勝ち越し。最大9あった借金は1に減り、最下位から3位に浮上。2位DeNAと1ゲーム差。首位巨人と5.5ゲーム差。竜が勢いに乗っている。

【写真】「大胆に攻めてみました」…ハイビスカス柄の独創ユニを手に笑顔を浮かべる元チアドラリーダーの荒井なつりさん

 8月23日のDeNA戦で4試合連続完投勝利の大野雄大はお立ち台で「狙っているのは2位じゃない。ドラゴンズはこんなもんじゃない」と力を込めた。7年連続Bクラスに沈む中日が逆転優勝するシナリオをどう描くのか。

 中日、巨人でリーグ優勝を経験し、去年のプレミア12で世界一となった侍ジャパンのコーチを務める井端弘和氏に、23日のCBCテレビ「サンデードラゴンズ」への出演後に話を聞いた。

「絶対条件は巨人を叩くこと。今年はクライマックスシリーズがなく、試合数も少ないので、普通に戦っていては逃げ切られる可能性が高い。追いかけるチームは仕掛けるべきです」

 巨人との直接対決は8月に9試合もあり、ここまでは4勝1敗1分。今週末は東京ドーム3連戦が控えている。9月は6試合あるが、10月以降はわずか3試合になる。そこで井端氏が提案した作戦は大胆なものだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」