野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

開幕9連勝の巨人菅野の凄さとは? 専門家が見た高い修正能力と捕手の育成

巨人がヤクルトを8-4で下し、連敗を3で止めた。先発の菅野智之投手が7回5安打2失点の好投で、開幕から無傷の9連勝。巨人では、堀内恒夫氏がルーキーだった66年にマークした開幕13連勝以来となる54年ぶりの記録となった。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は試合途中での修正力を評価。制球力と組み立てが捕手大城の育成にもつながっていると解説した。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

巨人でプレー、楽天でヘッドコーチを務めた松本匡史氏が解説

■巨人 8-4 ヤクルト(25日・神宮)

 巨人がヤクルトを8-4で下し、連敗を3で止めた。先発の菅野智之投手が7回5安打2失点の好投で、開幕から無傷の9連勝。巨人では、堀内恒夫氏がルーキーだった66年にマークした開幕13連勝以来となる54年ぶりの記録となった。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は試合途中での修正力を評価。制球力と組み立てが捕手大城の育成にもつながっていると解説した。

 立ち上がりはあっという間に先取点を奪われた。初回、先頭の坂口に左前打を許すと、山田も中前打。青木には3連打となる右前適時打を打たれ、1死も取れないうちに、わずか5球でリードを許した。さらに2死三塁から菅野キラーの5番雄平にも左前適時打を献上。ストライクを取りにいったボールを次々と打たれ、早々と2点を許した。

 だが、その後の快投がこの日の勝ち星につながった。2回以降、許した安打は3回の先頭坂口のみ。ヤクルトの40歳左腕石川との我慢比べの投げ合いが続く中、追加点を許さなかった。松本氏はこの日の菅野の投球について「初回は浮いたボールを打たれて2失点したが、2回以降ギアを上げた。ヤクルト打線もファウルで粘っていたが、それにも負けず、粘り強い投球だった。四球を出してもおかしくないところでしっかり打ち取ったことが勝ちにつながった」と分析した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」