野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天の首位追撃キーマンは日本一知る31歳捕手? 専門家が称えたゲッツー全力疾走

楽天の岡島豪郎捕手が、27日のロッテ戦で1軍に今季初昇格し、「7番・右翼」で先発出場。3安打2打点の活躍で、チームを15-0の大勝へと導いた。楽天は今季30勝目。岡島は昨年、左肩と右肘を手術。18年以来2年ぶりとなる1軍での出場となった。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、18年までヤクルトで2年間、バッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、復帰した岡島について、今後のキーマンとなる可能性を秘めていることを明かした。

楽天・岡島豪郎【写真:荒川祐史】
楽天・岡島豪郎【写真:荒川祐史】

ヤクルトなど4球団で活躍した野口寿浩氏が1軍復帰の岡島豪郎を称賛「さすがだなと思った」

■楽天 15-0 ロッテ(27日・楽天生命パーク)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 楽天の岡島豪郎捕手が、27日のロッテ戦で1軍に今季初昇格し、「7番・右翼」で先発出場。3安打2打点の活躍で、チームを15-0の大勝へと導いた。楽天は今季30勝目。岡島は昨年、左肩と右肘を手術。18年以来2年ぶりとなる1軍での出場となった。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、18年までヤクルトで2年間、バッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、復帰した岡島について、今後のキーマンとなる可能性を秘めていることを明かした。

 久々に本拠地、楽天生命パーク宮城のグラウンドに立った岡島が、復帰戦でさっそくハッスルした。2回無死一塁から右前打でチャンスを広げると、3回にはロメロの先制3ランの直後に右翼線への二塁打。続く足立の右中間への適時三塁打で4点目のホームを踏んだ。そして4回には2死満塁から中前2点適時打。リードを7点へと広げた。

 復帰戦でいきなり猛打賞の活躍をみせた岡島について、野口氏はこう語る。

「構えが変わって、グリップの位置が高くなり、外国人打者のようになった。しっかりと振り抜けるバッティングができていて、さすがだなと思った。当てにいっていないところが彼の良さ。一番関心したのは、最後の打席で二塁への併殺打になった時に、セーフになろうと全力で走っていたこと。あれだけ点差がついていたら、普通ならあそこまで走らず、抜く選手が多い。大したものです。あれが岡島らしさですね」

 野口氏が指摘したのは、9-0で迎えた8回無死一塁の場面で放った二塁への併殺打のこと。9月に31歳を迎えるプロ9年目の全力疾走は、ベンチにも大きな刺激となったはずだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」