野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

幕張の防波堤・小林雅英氏が語る守護神の美学 “コバマサ劇場”の真実とは?

どれほど絶対的な守護神でも、毎試合3者凡退で終えることはできない。抑えの切り札には、走者を出したり、失点することがあっても、最低限「負けない」ための危機管理能力が求められる。ロッテ、米大リーグ・インディアンスなどで日米通算234セーブを挙げた小林雅英氏も、走者を出してファンをハラハラさせながら無失点に抑える姿を“コバマサ劇場”と揶揄されたことがあったが、その裏には緻密な計算があった。

日米通算234セーブを挙げた小林雅英氏【写真:編集部】
日米通算234セーブを挙げた小林雅英氏【写真:編集部】

9回裏2死満塁、打者が松井秀喜なら「四球でいいんじゃない?」

 どれほど絶対的な守護神でも、毎試合3者凡退で終えることはできない。抑えの切り札には、走者を出したり、失点することがあっても、最低限「負けない」ための危機管理能力が求められる。ロッテ、米大リーグ・インディアンスなどで日米通算234セーブを挙げた小林雅英氏も、走者を出してファンをハラハラさせながら無失点に抑える姿を“コバマサ劇場”と揶揄されたことがあったが、その裏には緻密な計算があった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 小林氏と同時期に活躍したクローザーの1人に、元西武の豊田清氏(現西武1軍投手コーチ)がいる。小林氏は2000年、豊田氏は2001年から抑えに定着。成績も年俸も常に拮抗し、日本での自己最高年俸はともに2億5000万円(推定)だった。小林氏は「ロッテ時代に球団との契約更改交渉で、豊田さんはあんなにもらってますよ。こんな提示額で恥ずかしくないですか、と引き合いに出させてもらったことがありますよ」と笑う。

 現役時代、同時期に活躍していたこの2人がテレビ番組で共演したことがあった。番組側から「1点リードで9回裏2死満塁のピンチ。打者は松井秀喜。さて、どう攻める?」と質問され、図らずも2人の回答が一致した。その答えはなんと「四球でいいんじゃない?」。言うまでもなく、四球なら押し出しで同点である。

「敬遠をするわけではないですが、僕ならワンバウンドになるスライダーを“永遠に”投げ続けますね。空振りを取れればラッキー。見極められて押し出しになっても、まだ同点ですから。ポンとストライクを取りにいって、長打を打たれてサヨナラ負けするよりはいい。僕らが優先すべきことは、逆転されずにイニングを終わらせることです」と小林氏。「豊田さんも、ストライクからボールになる球を投げる、と言っていましたよ」と付け加えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」