野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島浮上の鍵を握る“若鯉150キロトリオ” 新勝利の方程式でリリーフ改革なるか?

リーグ3連覇から2年。佐々岡真司新監督のもと、V奪回を目指すシーズンとなった広島だが、60試合を消化した時点で5位と苦戦が続いている。菊池涼介や會澤翼など、オフに移籍の可能性があった選手が残留し、ドラフト1位ルーキーの森下暢仁が先発で期待に違わぬ活躍を見せるなど、リーグでもトップクラスの戦力はあるが、なかなか波に乗り切れていない。

広島・島内颯太郎、ケムナ誠、塹江敦哉(左から)【写真:荒川祐史】
広島・島内颯太郎、ケムナ誠、塹江敦哉(左から)【写真:荒川祐史】

開幕から中崎が不在、新助っ人スコット、菊池、一岡が救援失敗を重ねる…

 リーグ3連覇から2年。佐々岡真司新監督のもと、V奪回を目指すシーズンとなった広島だが、60試合を消化した時点で5位と苦戦が続いている。菊池涼介や會澤翼など、オフに移籍の可能性があった選手が残留し、ドラフト1位ルーキーの森下暢仁が先発で期待に違わぬ活躍を見せるなど、リーグでもトップクラスの戦力はあるが、なかなか波に乗り切れていない。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 その最大の要因となったのが、リリーフ陣の不調だ。3連覇中に守護神だった中崎翔太はオフの右膝手術の影響で出遅れ、昨年後半に代役を務めたフランスアも不振。絶対的な存在が不在の中、開幕からクローザーに指名された新外国人のスコット、菊池保則、一岡竜司がことごとく救援失敗を重ね、ブルペンは崩壊状態となった。

 この厳しい状況の中、チームに光を与える若手投手が台頭しつつある。現在はセットアッパーの役割を任されている塹江敦哉、中継ぎとして存在感を発揮しているケムナ誠、島内颯太郎の快速トリオだ。いずれもストレートの最速は150キロを超え、塹江は高卒6年目の23歳、ケムナは大卒3年目の25歳、島内も大卒2年目の23歳と将来性豊かな若手有望株だ。

 3人の中で唯一、開幕1軍を果たしたのが塹江で、今季は30日終了時点で25試合に登板し、3勝2敗13ホールド、防御率2.45の成績を残している。香川県出身の塹江は県内でも屈指の進学校である高松北高の出身で、英語も堪能なインテリ左腕として注目された。高校時代から150キロを計時し、プロ入り後もU-23ワールドカップの日本代表に選出されるなど、左腕不足だったチームで期待されたが、制球難に苦しみ、4年目の18年まで1軍登板はわずか3試合のみだった。

 5年目の昨季、夏場に3年ぶりとなる1軍昇格を果たすと、シーズン終盤には先発も任されるなど、11試合に登板した。今季は開幕からブルペンの一角として好投を続け、7月6日のヤクルト戦で待望のプロ初勝利をマーク。リリーフ陣に不調な選手が多い中、徐々にポジションを上げて現在の位置まで到達した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」