野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人菅野、開幕10連勝が持ち越しに 沢村賞右腕が見た「たった1球の計算外」

巨人は1日、本拠地でのDeNA戦に3-2で勝利した。同点で迎えた9回、無死満塁の絶好機で代打・吉川尚輝が一二塁間を破るサヨナラヒット。開幕10連勝がかかっていた菅野智之投手に勝敗は付かなかったが、チームは3連勝で2位との差を6.5ゲームとした。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

元ヤクルトの川崎憲次郎氏が解説「勝ち星が付かなかった理由は…」

■巨人 3x-2 DeNA(1日・東京ドーム)

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 巨人は1日、本拠地でのDeNA戦に3-2で勝利した。同点で迎えた9回、無死満塁の絶好機で代打・吉川尚輝が一二塁間を破るサヨナラヒット。開幕10連勝がかかっていた菅野智之投手に勝敗は付かなかったが、チームは3連勝で2位との差を6.5ゲームとした。

 菅野はこの日、4回までDeNA打線をわずか1安打に抑える好投を披露。5回こそ無死満塁のピンチを迎えたが、これを1失点で凌ぐと、7回まで2-1と1点リードを守った。だが、8回に2死から2四球を与えて降板。マウンドを継いだ中川皓太が、DeNAの4番・佐野恵太に右前へ同点打を許し、勝利は消えた。

 1938年に開幕11連勝したスタルヒン以来、球団史上2人目、82年ぶりの快挙達成はお預けとなった菅野だが、ヤクルトOBで沢村賞に輝いた川崎憲次郎氏は「勝ち星が付かなかった理由は、あの1球にありますね」と分析する。川崎氏が「あの1球」と指摘する場面とは……。

 8回表、2死一塁の場面。マウンド上の菅野が打席に迎えたのは、昨季2冠王のソトだった。だが、この日の対戦は空振り三振、見逃し三振、空振り三振と菅野が圧勝していた。

「今日のソト選手は、菅野投手にまったくタイミングが合っていませんでした。外角のスライダーはボール球でも振っていたし、内角2シームはバットの根っこに当たっていた。ヒットを打てる感じはなかったですよね」

 この打席、菅野の1球目は内角低めの2シーム。これがボールとなったが、2球目、3球目と続けた外角スライダーは空振りでカウント1-2と追い込んだ。4球目は外角ストレートのボール。平行カウントとなった場面で、菅野が決めに行った5球目は内角2シームだった。ストライクゾーンいっぱいに決まったかに見えたが、判定はボール。マウンド上の菅野も悔しげな表情を浮かべるしかなかった。結局、6球目の外角スライダーがボールとなって四球。134球を投げた菅野は、ここでマウンドを降りた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」