野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 88球のうち半数近い42球 田中将大を今季初勝利に導いた「キーになった」球種とは?

88球のうち半数近い42球 田中将大を今季初勝利に導いた「キーになった」球種とは?

ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのレイズ戦で今季6度目の先発マウンドに上がり、今季初勝利をあげた。今季最長となる6回88球を投げて3安打2失点7奪三振と好投。頭部打球直撃を乗り越え、6度目の登板で白星を掴み、田中自身も「間違いなくこれからいい方向にいってくれると思う」と語っていた。

本拠地でのレイズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
本拠地でのレイズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

田中の武器と言えばスプリットだが、この日効果的だったのは…

■ヤンキース 5-3 レイズ(日本時間2日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのレイズ戦で今季6度目の先発マウンドに上がり、今季初勝利をあげた。今季最長となる6回88球を投げて3安打2失点7奪三振と好投。頭部打球直撃を乗り越え、6度目の登板で白星を掴み、田中自身も「間違いなくこれからいい方向にいってくれると思う」と語っていた。

 4回までレイズ打線をわずか1安打に封じて無失点を続けた田中。5回にキアマイアーに右翼アッパーデッキまで運ばれる2ランを被弾して2点を失ったものの、自身今季最長となる6回のマウンドにも上がり、この2点のみに抑えた。6回3安打2失点、7個の奪三振を奪う好投だった。6回の攻撃で味方打線が勝ち越して、田中は白星を手にした。

 田中の武器と言えば、150キロを超える真っ直ぐと鋭く落ちるスプリット。だが、この日の初勝利を支えたのは、もう一つの武器の「スライダー」だった。田中自身が試合後「間違いなくキーになったボールはスライダーでした」と語り、アーロン・ブーン監督も「スライダーがとても良かった。左打者に対して内角にも外角にもスライダーを効果的に使えていた。効果的な形だった」と語っている。

 この日投じた88球のうち、田中はスライダーをほぼ半分の42球を投じている。奪った7つの三振のうち、5つは決め球にスライダーを選んだ。「今日はスライダーがいい方で、その中でいろんな変化させながらっていうのはありました」と語り、それぞれで少しずつ変化を変えつつ、レイズ打線を翻弄。「スプリットがいまいちだったんで、スライダーが増えるのは自ずとそうなっていくのかなと思います」と、本調子ではないスプリットをカバーするのに十分な威力を発揮した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」