野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位・鷹がロッテに痛い逆転負け 裏目に出た継投、工藤監督の意図はどこに?

ソフトバンクは4日、本拠地PayPayドームでロッテと対戦し、痛い逆転負けを喫した。序盤に先制しながらも、7回の継投が裏目に出て逆転。試合後、工藤監督は開口一番に「すみません」と謝罪し「みんな一生懸命やった結果。これを受け止めて次に繋げていくことが大事」と語っていた。

ソフトバンクがロッテに痛い逆転負けを喫した【写真:藤浦一都】
ソフトバンクがロッテに痛い逆転負けを喫した【写真:藤浦一都】

代打の菅野を迎えた場面で左の嘉弥真を投入せず「僕の中にはなかった」

■ロッテ 4-3 ソフトバンク(4日・PayPayドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクは4日、本拠地PayPayドームでロッテと対戦し、痛い逆転負けを喫した。序盤に先制しながらも、7回の継投が裏目に出て逆転。試合後、工藤監督は開口一番に「すみません」と謝罪し「みんな一生懸命やった結果。これを受け止めて次に繋げていくことが大事」と語っていた。

 3回に川瀬の二塁打、周東の適時打と下位打線で先制に成功。4回にはグラシアルが4号ソロを放って加点した。先発のムーアは6回途中まで1失点と好投。6回2死二塁で救援した板東も窮地を凌いで1点のリードを守った。

 だが、7回に状況は逆転した。イニングを跨いで続投した板東が1死から加藤、マーティンに連打を許して一、三塁のピンチを招いた。ここでロッテベンチは右の清田に代えて、左の菅野を起用した。当然、ここで想定されたのは“左キラー”の嘉弥真の投入。次打者も左の安田だっただけに、その可能性は十分に考えられた。

 ただ、ホークスベンチの決断は板東の続投。そして右腕は菅野に右前適時打を許して試合は振り出しに戻った。なおも一、三塁のピンチは続く。ここで嘉弥真を投入したが、安田に死球。右の中村奨を迎えたところで、この回3人目の泉がマウンドに上がったが、中村奨に2点適時打を許して試合をひっくり返された。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」