楽天ドラ2黒川は「将来大物になる」 元ヘッドが目を細めたセンスと“プロ向きの性格”

楽天・黒川史陽【写真:荒川祐史】
楽天・黒川史陽【写真:荒川祐史】

第1打席でプロ初安打となる右前タイムリー、好機で迎えた第4打席で楽天ベンチは勝負

 楽天は6日、本拠地でのオリックス戦に6-9で敗れ、連勝が「2」でストップした。だが、敗戦のなかで「7番・三塁」でフル出場した高卒ルーキーの黒川史陽内野手が、初回にプロ初安打となる右前タイムリーを放った。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「プロ向きの性格で、対応力のセンスがいい」と評価した。

 敗け試合の中で、期待の高卒ルーキーがまばゆい光を放った。ドラフト2位の黒川が、1-0で迎えた初回、2死一、二塁のチャンスで右前適時打。初打席で犠飛を放ち、浅村とともにお立ち台に上がった4日のオリックス戦に続くプロ2試合目の出場で、プロ初安打、初タイムリーをマークした。2打席目以降は4打席続けて凡退となったが、好打者揃いの楽天内野陣の中で、存在をアピールした。

 智弁和歌山では5季連続で甲子園に出場し、2年春には準優勝も経験している黒川。2打席目以降、相手バッテリーは変化球中心の組み立てに配球を変えてきたが、それに対応したセンスの良さを、松本氏は指摘した。

「1打席目に直球をヒットにしたことで、相手バッテリーは直球に強い打者ではないかと予測し、配球を変えてきた。その中で、3打席目に左腕の飯田から外のスライダーで空振り三振を奪われた後、4打席目で同じ左の山田からは同じ外のスライダーに食らいつき、二直を放った。これは高卒1年目にしては凄いこと。その打席ごとの対応力を考えると、センスはいいものがある」

「彼のその性格はプロ野球選手に適している」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY