野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

独走態勢の巨人岡本が打率5割、中日勢の活躍も目立つ…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れで開幕を迎えた2020年のプロ野球。120試合制で行われるシーズンは折り返しを過ぎて後半戦に突入している。セ・リーグは巨人が首位を独走し始め、パ・リーグは首位のソフトバンクをロッテと楽天が猛追している。

巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】
巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】

巨人が2位との差を広げて独走し始めたセ・リーグ第12週

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れで開幕を迎えた2020年のプロ野球。120試合制で行われるシーズンは折り返しを過ぎて後半戦に突入している。セ・リーグは巨人が首位を独走し始め、パ・リーグは首位のソフトバンクをロッテと楽天が猛追している。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 後半戦に突入した8月31日から9月6日までの1週間の選手成績を振り返り、Full-Count独自に週間ベストナインを選出した。今回はセ・リーグ第12週だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 64試合39勝22敗3分
↑2 阪神 65試合32勝30敗3分 7.5
↓3 DeNA 68試合33勝31敗4分 0
→4 中日 69試合31勝34敗4分 2.5
↑5 ヤクルト 66試合26勝35敗5分 3.0
↓6 広島 66試合25勝34敗7分 0

【第12週セ・リーグ】
1 巨人 4勝1敗0分
2 中日 4勝2敗0分
3 阪神 3勝2敗0分
4 DeNA 2勝3敗1分
5 ヤクルト 2勝4敗0分
6 広島 1勝4敗1分

 第12週で好調だったのは首位の巨人だ。前週終了時点で2位だったDeNAに3連勝するなど、4勝1敗と大きく勝ち越した。前週では5.5ゲーム差だった2位との差は7.5ゲームに広がった。中日が4勝2敗と2つの勝ち越し。広島は1勝4敗1分と苦しみ、最下位に転落した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」